ここから本文です

朝ドラで戸田恵梨香バックドロップホールド!受けで大吉「ジャンボ鶴田さんの得意技です」

10/18(金) 16:27配信

デイリースポーツ

 18日放送のNHK連続テレビ小説「スカーレット」のラストで、ヒロイン喜美子役の女優・戸田恵梨香が働き始めた下宿「荒木荘」で元女中、大久保のぶ子(三林京子)の圧迫指導に切れ、夜に怒り発散のため枕を投げまくり、最後は枕をかついで豪快なバックドロップホールドを決めた。ネット上は沸騰。

【写真】18日放送の「スカーレット」

 喜美子は、次々に仕事を言いつけてくる大久保への怒りを発散するため、枕で背負い投げをはじめる。さらに大久保の指導を受けている限りは、一人前ではないとして給料も減らされてしまう。

 再び部屋で「大久保!!」と言いながら枕を投げ、最後は「どりゃあ!」と叫びながら、枕をかついでバックドロップを繰り出した。さらにブリッジをきかせて、ホールドを決め「よっしゃー」と声を張り上げた。

 そのまま朝ドラ放送が終わり、次の「あさイチ」冒頭、司会の博多華丸が相方・大吉に、「お詳しいでしょうけど、最後のあれ、ジャーマン・スープレックス?」と問いかけた。

 すぐさま大吉は「いいえ、バックドロップホールドです」と解説。

 華丸が「バックドロップからの押さえ込み?」と聞くと、「バックドロップホールド、ジャンボ鶴田さんの得意技です」と返していた。

最終更新:10/18(金) 16:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事