ここから本文です

ジャパンCTB中村、恒例のトライ予告 Wフェラーリで「2トライずつ」

10/18(金) 18:22配信

デイリースポーツ

 「ラグビーW杯・準々決勝、日本-南アフリカ」(20日、味の素スタジアム)

 ラグビーW杯日本大会で初の8強入りを果たした日本代表のジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(49)は18日、東京都内でW杯準々決勝南アフリカ戦に臨む日本代表試合登録メンバー23人を発表した。

 恒例となった質問が会見1問目に飛んだ。5試合連続先発出場のCTB中村亮土(28)=サントリーに対し「福岡と松島は何トライするか」-。右隣で苦笑いするWTB福岡堅樹(27)=パナソニック=を一瞥した中村は「2トライずつして欲しい」と“Wフェラーリ”の計4トライを予告した。

 開幕ロシア戦前に「松島が3トライ取ると言った」と暴露し、松島が有言実行で応えたことから始まった中村の“トライ予告”。現在トライ獲得数で松島は首位タイの5トライ、福岡も4トライで同3位タイにつけており、「2人ともトップを目指し、意識してやってほしい」とトライ王獲得指令も出した。

 福岡は「自分自身の(トライ)数にはこだわらないが、トライを取ることを自分の仕事として集中できれば」と控えめだが、「自分の仕事」を全うすれば、おのずとトライ王や4強への道は開ける。「きつい合宿を何度も何度も乗り越えて、ワンチームをしっかりと作りあげることできた。日本の人たちの声援も確実に自分たちの力になる」と、日本全体の後押しに感謝した。

 中村は日本の大躍進に「確固たる自信はあった。信じる力はすごいもの生み出す」と充実感を漂わせた。「もっともっと強いジャパン見せられる。日曜日の試合を楽しみにしてほしい」。中村の“予告成就”の先には、さらなる偉業が待っている。

最終更新:10/18(金) 18:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事