ここから本文です

アンジュルムまた卒業 今度はふなっき

10/18(金) 22:10配信

デイリースポーツ

 ハロー!プロジェクトの4人組アイドルグループ、カントリー・ガールズが12月26日、東京・LINE CUBE SHIBUYAでのコンサートをもって活動を休止することが18日、分かった。ハロプロの公式ホームページで発表した。

 メンバーの山木梨沙(22)は兼任していたカレッジ・コスモスも卒業し、同日をもって芸能界を引退。船木結(17)は2020年3月で、兼任だったアンジュルムも卒業し、芸能活動を休止する。森戸知沙希(19)は兼任だったモーニング娘。’19の活動に専念。小関舞(17)は大学進学を目指して学業を優先しながら活動を続ける。

 アンジュルムは今年6月に和田彩花(25)、9月に勝田里奈(21)が卒業。中西香菜(22)が12月10日に卒業予定で、船木を含むと1年以内に4人が卒業するという異例の事態となる。船木は、ハスキーボイスの歌唱力に定評があり、若手メンバーの中では中心的存在の1人だ。

 “ふなっき”のニックネームで親しまれ、17年10月から今年3月まで、テレビ東京系「おはスタ」のおはガールを務め、「ピザーラ」のCMにも出演していた。ハロプロメンバーの中では貴重な“タレント活動”のできるキャラクターだ。大阪出身ということもあって、トーク力もあるだけに、活動休止はハロプロとしても痛手となりそうだ。

 この日、発表したコメントで船木は、ダンスを極めたいという思いを公表し、「ハロー!プロジェクトという環境から離れ、芸能界からも一旦区切りを付け、いつか表現することを自分の強みとして活かせる職業に就く事を目指しています」と将来像をつづった。さらに「限られた時間の中で自分にとってかけがえのない存在である両グループの活動を精一杯頑張りますので、引き続きカントリー・ガールズ、アンジュルム、そして船木結の応援をよろしくお願い致します」とグループ愛も表現した。

最終更新:10/18(金) 22:46
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい