ここから本文です

巨人VSソフトバンク 過去10度は巨人が圧倒 「ON対決」以来19年ぶり

10/18(金) 22:18配信

デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第1戦、ソフトバンク-巨人」(19日、ヤフオクドーム)

 プロ野球の日本シリーズが19日に開幕する。リーグ優勝の巨人と同2位からクライマックスシリーズを突破したソフトバンクの対決で19年ぶりの顔合わせ。そこで当時の戦いぶりと両チームの今季成績を比較する。今季成績の()内数字はリーグ順位、敬称略。

【写真】あれ?巨人背番号10だらけ…あれ?1人だけ…

 20世紀最後の日本シリーズとなった2000年の日本シリーズは「ON対決」で注目を集めた。長嶋茂雄監督率いる巨人が4勝2敗で6年ぶり日本一。松井秀喜が打率・381、3本塁打、8打点でMVP。第1戦の先発は現在、ソフトバンク監督の工藤公康で7回3失点、勝敗なし。

 一方、王貞治監督が指揮したダイエーは第1戦から2連勝したものの、その後4連敗を喫した。

 ちなみに日本シリーズで両チームが戦うのは今回で11度目。過去10度のうち、巨人が9度、日本一となっている。一方でソフトバンクは1989年の福岡移転後、9度目の日本シリーズ。過去8度で7度の日本一に輝く。

 続いて、両チームの今季成績を比較する。

 【巨人】

 打率=・257(2位)

 本塁打=183(1位)

 得点=663(1位)

 盗塁=83(2位)

防御率=3・77(4位)

 失点=573(3位)

 失策=72(3位)

 【ソフトバンク】

 打率=・251(3位)

 本塁打=183(1位)

 得点=582(4位)

 盗塁=113(3位)

 防御率=3・63(1位)

 失点=564(1位)

 失策=68(2位)

 今年の交流戦では、巨人=1勝、ソフトバンク=2勝。この3連戦での主な巨人選手の成績は以下の通り。

 【阿部】

 打率・571、0本塁打、2打点

 【丸】

 打率・462、1本塁打、2打点

 【岡本】

 打率・167、1本塁打、3打点

 【坂本勇】

 打率・182、0本塁打、1打点

 【山口俊】

 1勝、防御率1・29

 次に主なソフトバンク選手の成績は以下の通り。

 【内川】

 打率・077、0本塁打、0打点

 【松田宣】

 打率・455、1本塁打、3打点

 【デスパイネ】

 打率・300、0本塁打、0打点

 【グラシアル】

 打率・500、0本塁打、0打点

 【千賀】

 1勝、防御率3・00

 なお19日の予告先発は、巨人が山口でソフトバンクが千賀。山口は日本シリーズ初登板、千賀は3年連続で日本シリーズ第1戦の先発を務めることになった。

最終更新:10/18(金) 22:25
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事