ここから本文です

御浜町 中学生ら議会を体験 町長らに施策質問 三重

10/18(金) 11:00配信

伊勢新聞

 【南牟婁郡】三重県御浜町の町議会議場で17日、中学生議会が開かれ、御浜、尾呂志学園、阿田和中学校の3年生63人が参加した。

 主権者教育の一環。議会の模擬体験をすることで、町について知ってもらうことが狙い。平成24年度から開いている。今年で8回目。

 この日は12グループの各代表者が、市長や教育長らに町を活性化させる取り組みやスポーツ振興、空き家対策などをただした。

 御浜中の山口美優さん(14)は「御浜町では少子高齢化が進んでいるが、原因や現状についてどう考えているか」と質問。大畑覚町長は、町内の年間の出生数や高齢化率を説明し「御浜町は全国平均より10%程度高齢化が進んでいる」と述べた。対応策として「子どもを産み育てる環境を整えるため、地域全体で子どもを大切にする仕組みづくりを進めている」と答えた。

 議長は阿田和中の畠山綾乃さん(14)と、御浜中の中本康太さん(15)が交代で務めた。畠山さんは「いろんな人が町のために尽くしていることが分かった」、中本さんは「緊張したが思ったよりできた」と話していた。

伊勢新聞

最終更新:10/18(金) 11:00
伊勢新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事