ここから本文です

東海 大雨に厳重警戒 高波に警戒

10/18(金) 17:12配信

tenki.jp

東海地方ではあす19日にかけて断続的に雨が降るでしょう。
これまでの雨で地盤が緩み、三重県には土砂災害警戒情報の発表されている地域もあります。
三重県南部では19日明け方にかけて土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水や河川の氾濫に警戒してください。
また、愛知県や三重県では18日夜遅くにかけて高波に警戒してください。

この時間の東海地方の雨の降り方 ここで確認

東海地方 今後の雨の降り方は?

雨のピークは18日夜から19日未明にかけての見通しです。
三重県南部を中心に局地的に雷を伴い一時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降ることもあるでしょう。

※猛烈な雨とは※
傘が全く役に立たなくなったり、水しぶきであたり一面が白っぽくなったりして、視界が悪くなるような雨の降り方です。
また、アンダーパスと呼ばれるくぐる形状の立体交差ではきわめて短い時間で冠水する恐れがあります。
このため車の運転は危険な雨の降り方です。
さらに、地盤の緩んでいる地域では、このような雨が降るとただちに土砂災害が発生につながる恐れもあります。

なお、雨は、あす19日の昼過ぎ以降、次第にやむ見込みです。

東海地方 雨量の見通しと警戒点

あす午後6時までの24時間で予想される雨の量はいずれも多い所で、
三重県で250ミリ、愛知県で150ミリ、岐阜県で80ミリの予想です。
土砂災害に厳重に警戒してください。
低い土地の浸水や河川の氾濫に警戒してください。
竜巻などの激しい突風や落雷などに十分注意してください。

東海地方 波の見通しと警戒点

18日夜遅くにかけて高波に警戒してください。
予想される波の高さは、熊野灘や遠州灘などの外海で4メートル、伊勢湾南部などの内海で3メートルの見通しです。

日本気象協会 中部支社 奥平 雄太

最終更新:10/18(金) 17:12
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事