ここから本文です

現金チャージの方法で選ぶコード決済 ー〇〇Payの選び方[06]

10/18(金) 6:00配信

&GP

種類が多すぎて悩ましい「Payサービス」ですが、本当に便利なのはどのサービスなのでしょうか? 

そこで、主要なスマホ決済サービスとして以下の7つのサービスをピックアップ。

連載第6回は、現金チャージの対応について各サービスの対応状況を比較します。

・au PAY
・Origami Pay
・d払い
・PayPay
・メルペイ
・LINE Pay
・楽天ペイ

「キャッシュレス支払いをするために現金をチャージする」というと、本末転倒にも聞こえますが、クレジットカードや銀行口座を持っていない場合や、紐付けに抵抗がある場合などには便利な手段です。例えば、子どもに持たせるスマホには、現金で残高をチャージするといった使い方も利用法のひとつです。

各サービスにおける現金チャージの対応状況は上のようになります。主にコンビニで行えると思っておくとよいでしょう。

au PAY

au PAYで使用するau WALLET残高への現金チャージは、セブン銀行ATM、ローソン店頭、auショップにて行えます。

セブン銀行ATMから現金チャージを行う場合、ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択。「au WALLET」アプリで「チャージ(入金)」>「セブン銀行ATMチャージ」>「QRコードをスキャン」を選択し、QRコードを読み取ります。セブン銀行ATMの画面で「次へ」を選択し、企業番号を入力し、「確認」を押しましょう。画面指示に従って入金を行います。チャージできる金額は1000円~50万円まで。紙幣のみ投入可能で、お釣りは出ません。

au WALLET プリペイドカードがある場合は、「ローソン」「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」の店舗で現金チャージが可能です。チャージできる金額は1回につき1000円~4万5000円まで。1円単位で指定できます。

また、一部のauショップ内に設置されている「au SaKuTTO」でも現金チャージが可能です。「チャージ」ボタンを押し、リーダーにカード裏面のバーコード、または「au WALLET」アプリのチャージ用バーコードをかざします。au WALLET アプリでは、「チャージ・入金」>「au ショップ/コンビニ」ボタンを選択しておきましょう。チャージできる金額は1000円~1万円までが1000円単位。そのほか1万5000円~4万5000円まで5000円刻みでチャージ可能です。

1/3ページ

最終更新:10/18(金) 13:29
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ