ここから本文です

3ナンバーの新型カローラ、発売1か月で2万台の受注|目標の2倍強

10/18(金) 6:02配信

MOTA

発売から1カ月、受注状況を発表

トヨタは、新型カローラ・カローラツーリングの受注状況が、2019年9月17日の発売から1カ月にあたる同年10月16日時点で1万9000台を突破したと発表した。同日に一部改良を行ったカローラスポーツを含めたカローラシリーズ全体では約2万2000台を記録したことになる。

■内装のカラーバリエーションにも注目! 新型カローラシリーズの内外装を見る(13枚)

トヨタ 新型カローラの受注台数の内訳

今回、1カ月で2万2000台の受注台数を記録したカローラシリーズの内訳は、カローラ5400台(月販売目標1700台)、カローラツーリング1万3700台(月販売目標5400台)、カローラスポーツ3000台(月販売目標2300台)。

カローラツーリングでは上級グレードのW×Bが人気

新型カローラの受注実績は、グレード別ではカローラSグレードが約4割、カローラツーリング上級グレードW×Bが約5割を占める構成比となっている。
また、好評な理由として、「スポーティなエクステリア」「ずっと乗っていたくなるような気持ちの良い上質な走りと乗り心地」「ディスプレイオーディオを搭載しスマートフォンと連携することで、より身近になったコネクティッドサービス」「全車標準装備のトヨタセーフティセンス」等があげられている。
安全装備では、G-Xにおいてオプションのインテリジェントクリアランスソナーが、装着率約8割となっている。

MOTA編集部

最終更新:10/18(金) 6:02
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ