ここから本文です

自分の国へ帰れ、と言わないで。「ガイジン」と呼ばれた彼女が差別を描く理由

10/18(金) 17:45配信

BuzzFeed Japan

外見が「日本人らしく」なかったり、外国籍だったりするという理由で苦しんでいる子どもたちがいます。

国の人口動態統計によると、2017年に生まれた94万6065人の子どものうち、父親か母親が外国籍である子どもが全体の約1.9%(1万8134人)いることがわかっています。【BuzzFeed Japan / 島田花】

話題になった漫画の全編

そういう子どもたちの中には、見た目が「日本人らしく」ないという理由で、いじめを受けてしまう子もいるといいます。見た目を理由に「ガイジン」と呼ばれ、いじめを経験をしたある女性の漫画が、Twitter上で話題となっています。

「私は外国籍ではなく日本国籍です。でも、顔が他の人と違うことで『ガイジン』とみなされ、上級生たちによく大声でからかわれていました」

こう話すのは、この漫画を描いた花野ちあきさん。20代前半で、関西の都市部に住んでいる花野さん。普段から絵や漫画を描くのが好きだそう。

漫画では、普段から上級生に「ガイジン」といじめられながら黙って我慢していた花野さんを、三者面談で偶然学校に来ていた母が守ってくれた、という自身の経験を描いています。

こうした経験から、いまでも「ガイジン」という言葉は好きではないと語ります。

「『よそもの』という意味でいじめられる時によく使われた言葉で、存在を否定されるような気持ちになるので、この呼び方は個人的に好きではありません。日常会話で悪意なく使われても気になりませんが、『国』と一言付けるだけでも、響きが柔らかくなる感じがするのに、と思います」

同じような経験をしている人は、少なくありません。

「日本国籍だけどハーフには見えないくらい外国人顔」だという同じく20代前半の花野さんの妹は、つい数カ月前にこんな目に遭ったといいます。

「買い物をしていた時に男性から『お前ガイジンか?お前らのせいで日本の治安が悪くなってるんだ!どうせ違法滞在だろ!パスポートを見せろ!』など人が多い場所で何分間も叫ばれたんです」

妹によると、そばにはたくさんの人がいたにもかかわらず、多くの人は完全無視で、声をかけてくれたのは女性店員だけだったといいます。

その場にはいなかったという花野さんはこう語ります。「とてつもない怒りが湧きました。私が一緒にいたらすぐに妹をその場から逃がしたのに、と」

1/2ページ

最終更新:10/18(金) 17:45
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事