ここから本文です

Noble Audio、ブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「FALCON」10月25日に発売。創業者ジョン・モールトンのチューニングによって、量感ある低域から煌びやかな高域まで、クリアでワイドレンジな再生が楽しめる

10/18(金) 17:50配信

Stereo Sound ONLINE

 エミライは10月18日、10月25日より発売するNoble Audio初の完全ワイヤレスイヤホン「FALCON」のプレス向け説明会を都内で行なった。価格はオープンで、想定市場価格は¥16,800前後。ちなみに、本日16時よりビックカメラ、ヨドバシカメラ、e☆イヤホン、FUJIYA AVICで先行展示を行なうという。

 さて、FALCONは先述の通り、Noble Audio初の完全ワイヤレスモデルであり、その開発にはおよそ2年をかけたという。

 開発には創業者で、オーディオロジスト(聴覚学者)でもあるジョン・モールトンの知見が多く投入されており、音質については、無線タイプであっても有線と同等の“感動”できるサウンドクォリティを目指したチューニングが行なわれているそうだ。

 まず、振動板には新開発の2層構造の「Dual-Layered Carbon(D.L.C.) Driver」を採用しており、これはPET振動板とカーボン振動板の2枚の振動板を接着した構造を持ち、近年流行のグラフェンコート振動板を使った製品に対し、歪を半分に、より伸びやかな高域の再現を実現しているという。

 その上で、周波数の特性が有線タイプと近似になるようなDSPチューニングを施し、さらにアコースティックダンパー(空力的な付加物)の選定(組み込み)と試聴を繰り返し、ジョン・モールトンの理想とする周波数特性を実現するべく、チューニングが重ねられていったのだという。

 ちなみに、アコースティックダンパーにはさまざまなパーツがあり、そのトライアンドエラーを繰り返すことで、先述の理想的なサウンドを作り上げていったそうだ。

 会見では、ウィザートとも称されるジョン自身からのビデオメッセージも上映され、それによると、音質チューニングについては、低域が強いと高域がマスキングされてしまう(聴こえづらくなる)という「マスクキングの上方拡大」という現象を踏まえ、超低域を大胆に減衰させるような処理を行なっているという。実際に試聴してみたところ、低域の再現はカットされているとは思えないほどの量感をもって再現されているが、同時に高域部分についても煌めき感のあるサウンドが味わえており、高域を活かす絶妙なチューニングが施されていることが実感できた。

 イヤーチップについては、完全ワイヤレスイヤホン用に設計された、ePro audioのホーン型「Horn-Shaped Tips」を採用。ドライバーから発せられた音を効果的に外耳道に届けてくれるという、特許取得の形状が特徴的な製品である。シリコンとグラフェンのハイブリッド素材を使用しており、フィット感も良好であった。

 そして、Noble Audioが完全ワイヤレスタイプを開発する上で重視したポイントが、これまで述べてきた音質に加えて、さらに2点ある。一つは無線接続の安定性だ。そのために、最新のSoCであるクアルコムの「QCC3020」を採用。これによって、左右のハウジングがプレーヤー(スマホ)と直接接続できるTWS+に対応するのに加え、アンテナの設置位置、形状についても、イヤホンを人が装着した状態で最適となるような設計=High Precision Connect Technologyが採用されており、Bluetooth5.0と合わせ、ハイエンド機器に相応しい安定性が与えられている。コーデックはaptXをサポートする。

 もう一つが使い勝手だ。持ちやすさや装着のしやすさを追求した、3次元的形状のエルゴノミックデザインの採用はもとより、イヤホン単体で約10時間の再生が可能なロングバッテリー仕様(=低消費電力)、15分で2時間使える急速充電、90分で満充電となる高速充電にそれぞれ対応している。さらに水没(1mに30分)させても大丈夫な防水規格IPX7に準拠しており、万が一の事態にも安心できるようになっている。

 なお、年内にはFALCONのカスタマイズが行なえる専用アプリもAndroid、iOS両対応で用意される予定だ。ボタンの機能割り当ての変更、イコライザー調整などが行なえるようになる。

 さらに、取り扱いを行なうエミライでは、ユーザーへのサポート体制を強化すべく、FALCONについては、下記2点のサービスを展開する。一つは「紛失安心補償サービス」。これは、イヤホン左右、ケースの3点の内、1点を紛失しても、有償(¥8,000+税)で新セットと交換してくれるもの(紛失セットは新セットと交換)。

 もう一つは、専用コールセンターの開設だ。使い方や修理などの相談に乗ってくれるそう。発売前の10月23日に開設となる。

最終更新:10/18(金) 17:50
Stereo Sound ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事