ここから本文です

「作品は止まりません。作ります」京アニ社長が明かした、再建への思い。放火事件から3カ月

10/18(金) 18:12配信

BuzzFeed Japan

36人が犠牲になった京都アニメーション(京アニ)放火事件から3カ月を迎えた10月18日、同社の八田英明社長が記者会見を開いた。【BuzzFeed Japan/吉川 慧】

八田社長は、これまでに寄せられたお見舞いや支援への感謝と、京アニ再建への決意を語った。また、公開延期が決まっていた劇場版「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」について、来年4月以降に公開する予定だと明かした。

殺人容疑などで逮捕状が出ており、現在入院中の青葉真司容疑者(41)については、「あなたの行動でどれだけ多くの人が悲しみ、悩み、人生をなくしてしまったのかということに思いを致してほしい」と語った。

遺族のことを思うと、心が痛い

7月18日に発生したこの事件では、京都市伏見区にあった京都アニメーション第1スタジオが放火され36人が死亡、33人が重軽傷を負った。

会見の冒頭、八田社長は「今朝も第1スタジオを目にしましたが、ご遺族のことを思うと本当に心が痛いです。3カ月経ったが、居ても立ってもいられない」と胸中を語った。

7月18日まであった日常が無い

八田社長は会見の中で、事件が起こった「7月18日」という日付を強調した。「7月18日まであった日常が無いんです」と、苦しい胸中を吐露する場面もあった。

「7月18日という日を忘れたことはないです。気持ちは、何も変わっていないんです」

「この3カ月間、会社の中にいても、皆さん顔が昔と違うんです。7月18日まであった日常がないんです」

「会社に行くと、あそこにAさんが、Bさんが、Cさんがいたよね。ここにいて笑って返してくれたよねと。こういう思いはみな同じなんです。その人たちが突然いなくなってしまった。これは精神的に相当つらいことです」

殺人容疑などで逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)は全身にやけどを負い、現在入院中。動機の解明にはさらに時間がかかる見通しだ。

会見で青葉容疑者への思いを質問された八田社長は、個人の考え方と前置きした上で、このように語った。

「私個人の考え方ですが、一言で言えば、何を考えてこういう行動を起こされたのか。あなたの行動でどれだけ多くの人が悲しみ、悩み、人生をなくしてしまったのかということに思いを致してほしい。言葉がないです。凄惨な事件だと思っています」

1/3ページ

最終更新:10/18(金) 18:12
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事