ここから本文です

ハリー王子とメーガン妃、自分たちの財団のディレクターに有名キャスターを起用

10/18(金) 21:30配信

ELLEgirl

ウィリアム王子とキャサリン妃の財団から独立したハリー王子とメーガン妃。財団に新しいディレクターを採用したことが新聞「デイリーメール」の報道で明らかに!

王子と妃が自分たちの財団「サセックス・ロイヤル」の監督を任せる人物として採用したのは、カースティ・ヤング。イギリスの有名ニュースキャスターで、これまでBBCのたくさんのテレビ番組やラジオ番組で司会をしてきたキャリアの持ち主。夫は会員制クラブ「ソーホーハウス」の設立者ニック・ジョーンズ。ハリー王子とメーガン妃はカースティ&ニック夫妻と以前から仲がよく、結婚する前は「ソーホーハウス」が経営するクラブで人目につかないようにデートをしていたことも知られている。カースティは昨年5月の王子と妃の結婚式にも招かれていたけれど、それを欠席してBBCが放送した結婚式の生中継番組に出演していたそう。

王室関係者はカースティを抜擢した理由について「カースティは王子と妃が信頼する人物であり、尊敬されているジャーナリスト。さらにイギリスのユニセフのトップも務めている。そのため王子と妃は、今年の始めからサセックスロイヤルに参加してくれないかとカースティに打診していた」とコメント。ディレクターの地位には数人が起用される予定だけれど、王子と妃はまず最初にカースティに依頼していたと語っている。

ちなみにサセックスロイヤルが正式に活動を開始するのは来年からだということも、今回の報道で明らかに。プライバシーを巡ってタブロイド紙と対立している王子と妃。マスコミに登場しなくなってしまうのでは? という声も上がっていたけれど、メディアとのつながりを持つカースティを財団のディレクターに迎えることで上手にマスコミに登場してくれそう。来年からどんな活動を本格的に見せてくれるのか、楽しみにしたい。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:10/18(金) 21:30
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事