ここから本文です

杉田祐一8強「自分のテニス戻ってきた」<ストックホルムOP>

10/18(金) 11:37配信

tennis365.net

イントゥルム・ストックホルム・オープン

男子テニスのイントゥルム・ストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、室内 ハード、ATP250)は17日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク129位の杉田祐一が同83位のS・トラヴァグリア(イタリア)を7-6 (8-6), 6-4のストレートで破り、2017年以来2年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。

【杉田祐一「入籍いたしました」】

この日、杉田はトラヴァグリアに16本のサービスエースを決められたが、タイブレークの末に第1セットを先取。第2セットは第1ゲームでブレークに成功すると、試合を通して1度もブレークを許さず、1時間46分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには杉田のコメントが掲載されており「今年ATPツアーで準々決勝へ進出できてうれしい。いいプレーができていたし、今はとても安定している。そして自分のテニスが戻ってきた」と手応えを得ていた。

杉田は準々決勝で世界ランク251位のJ・ティプサレビッチ(セルビア)と対戦する。元世界ランク8位のティプサレビッチは2回戦で第1シードのF・フォニーニ(イタリア)を6-1, 6-1のストレートで下しての勝ち上がり。

ティプサレビッチは「この大会に何とか出場できた。出場できるとは思っていなかったし、トップ10選手を6-1, 6-1で倒せるなんて思ってもいなかった。信じられないくらいうれしいし、誇りに思う。彼(フォニーニ)に反撃させるチャンスを与えなかった」と語っている。

その他の日本勢では、世界ランク74位の西岡良仁も8強入りしており、準々決勝で同60位のF・クライノビッチ(セルビア)と顔を合わせる。

最終更新:10/18(金) 11:37
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事