ここから本文です

食欲の秋「ホテルのビュッフェで元をとる作戦」なら…高級食材狙い?炭水化物は避ける?女性389人に大調査

10/18(金) 22:40配信

kufura

食欲の秋。おいしいものをあれも食べたい、これも食べたい……という願いをかなえてくれるスポットといえば、ホテルのビュッフェ。通常の食べ放題と違って、ホテルのビュッフェはそれなりのお値段ですが、クオリティの高い料理が並び、食いしん坊にとってまさにパラダイスですよね。

そんなホテルのビュッフェで、より満足度・コスパの高い食事を堪能するべく、みなさんはどんな工夫をしているのでしょうか? 『kufura』では女性389人を対象にアンケート調査を実施しました。

高級食材を狙う

女性389人を対象に、“ビュッフェで元をとるための作戦”を尋ねたところ、まず多かったのは高級食材を狙うという声。

「お肉や刺身やお寿司など高級料理を最初にいっぱい食べる」(33歳/総務・人事・事務)

「ステーキやフォアグラなど高級そうなものは食べて、そのあとフルーツを食べる」(37歳/総務・人事・事務)

「カニを食べたいだけ持ってきて、そのあとは、メインとデザートをいっぺんに持ってくる」(44歳/研究・開発)

「ローストビーフで始まるローストビーフでおわる」(57歳/総務・人事・事務)

「目的地のメニューを調べておいて、元が取れそうなメニューを覚えておく。本番で計算しながら食べる」(20歳/学生・フリーター)

特に人気が高かった三大料理は、“寿司・ローストビーフ・カニ”。他方、野菜や果物の値段が高騰しているということで、メイン料理よりも敢えてサラダやフルーツを狙うという声もありました。

食べ放題といっても、シェフが提供できる量には限りがあるので、高級食材は早い者勝ちですよね。

限定品や普段食べられないものを狙う

高級食材とかぶる面もありますが、限定品や普段食べられないものを狙うという声も。

「普段食べないホテル自慢のものをまず食べる」(54歳/主婦)

「シェフが目の前で作ってくれる料理をたべる」(30歳/その他)

「チョコレートフォンデュを食べる」(54歳/主婦)

「カレーや唐揚げなど、どこでも食べられるようなものは避ける。カレーがオススメされても、少量にする」(31歳/その他)

「他のレストランにはないようなデザートを食べる」(19歳/コンピュータ関連技術職)

「手間のかかっていそうなパンばかり攻める」(47歳/主婦)

豪華なチョコレートファウンテンなどは、ホテルでないとなかなかお目にかかる機会すらありませんよね。非日常的な体験は、食欲だけでなく心も満たしてくれそうです。

1/3ページ

最終更新:10/18(金) 22:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事