ここから本文です

あなたは鍋派?それとも麺派? 東京アジアンフード最旬ガイド

10/18(金) 22:12配信

ELLEgirl

アジアンフード好きのガール、集まれ! 冬だけじゃなく一年を通して定番になりつつある「鍋」と、鉄板の人気を誇る「麺」。東京が誇る2大アジアンフード、食べたいのはどっち? 「鍋」専門店と「麺」専門店、今行きたい最新アドレスをそれぞれ厳選してお届け!

楼上/西葛西

火鍋工場から届く鍋は辛さも薬効も本場クラス

まずは一年中食べたい&体の中からキレイになれる「鍋」から! 西葛西駅から徒歩1分の場所にオープンした火鍋専門店「楼上」。中国・重慶に伝わる仕切り板のある「九宮格火鍋」は、一番高温な中央で肉や野菜をしゃぶしゃぶ、その周りでほかの具材を煮込む。スパイスと牛脂のスープは辛さの中にも奥深いうま味があり、具材はラム肉や牛肉のほか、珍しい鴨のホルモンなども充実。豆製品や中国野菜も豊富にあるのでキレイを求めてトライして!

【INFOTMATION】
住所/東京都江戸川区西葛西5-5-17 西葛西駅前ビル6F 
営業時間/11:30~23:00 無休

花季/上野

ココナツウォーターで煮込む「椰子鶏鍋」の専門店

ほの甘いココナツウォーターが鍋のベース!?と驚くなかれ。こちらは、実際に中国・海南省で食べられる鍋料理「椰子鶏鍋」。そのおいしさがうわさを呼び、北は北京まで広まり、今や中国全土でブレイクするトレンド鍋だ。ココナツウォーターは、デトックスのほか、血液をさらさらにして代謝をアップさせるので、美肌にも◎。胃や腎臓にもよく、スープを最後まで飲み切る人が続出している。

【INFOTMATION】
住所/東京都台東区上野7-3-2 GE上野駅前ビル3F  
営業時間/11:00~14:00、17:00~24:00 無休

担担担 渋谷道玄坂GB店/渋谷

カスタマイズで楽しむ汁なし担々麺の専門店

本場の味が上陸したり、日本で独自の進化を遂げたりと、とどまることを知らない東京の麺フィーバー! なかでも話題を集めているのが、昨年10月にオープンし、間借りという形態で渋谷内に2店舗を展開する「担担担」。メニューはしっかりとした花椒のシビれを感じさせつつも、白味噌を使って日本人でも食べやすくなるようにしたという、「汁なし担々麺」(¥740~)が看板。営業情報はインスタグラム(@__tan_tan_tan__)をチェックして。

【INFOTMATION】
住所/東京都渋谷区道玄坂2丁目22-6
営業時間/平日 11:30~17:00 土日 10:00~17:00 ※売り切れ次第終了

mango tree kitchen PAD THAI/丸の内

ファストフード感覚でパッタイを召し上がれ!

世界展開するタイ料理店「マンゴツリー」が手掛けたパッタイ専門店。すべて手作り、作り置きしないのが信条で、朝7~10時のモーニングは、「パッタイ(スープ付き)」「センレック ナーム(スープ麺)」「カオ トム(雑炊)」の出来たてが食べられる。新潟県産「越のかおり」で作るオリジナル生米麺は、もちもち食感が別次元!

【INFOTMATION】
住所/東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1 改札外 グランスタ丸の内
営業時間/7:00~22:00(日曜、連休最終日の祝日は~21:00) 無休

(source: ELLE JAPON)

最終更新:10/18(金) 22:12
ELLEgirl

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事