ここから本文です

鎌田大地の次節での起用は見送りか…フランクフルト監督「彼は非常に疲れているだろう」

10/18(金) 9:29配信

GOAL

元日本代表MFの長谷部誠や現日本代表FWの鎌田大地が所属するフランクフルトは現地時間18日に行われるブンデスリーガ第8節でレヴァークーゼンと対戦。アディ・ヒュッター監督はそのホームマッチに向けた記者会見で鎌田の状態に言及した。

夏にベルギーのシント=トロイデンから復帰してから、今シーズンこれまで公式戦16試合とチーム最多タイの出場試合数を記録する鎌田。10月の代表ウィークには約7カ月ぶりに日本代表チームに招集され、カタール・ワールドカップアジア2次予選のモンゴル戦では途中出場を果たして代表初ゴールをマークすると、続くタジキスタン戦には先発メンバーに名を連ねている。

17日に開かれた会見ではチームの10名が各代表チームに呼ばれたことを「特別なこと」と話したヒュッター監督だが、ドイツメディアではタジキスタンから日本経由でドイツ入りと長距離移動を強いられたことが話題を呼んでいる鎌田の状態についても問われた。「彼は今日から合流する」と返答すると、「(2戦目は)80分間プレーした。それに移動もしたので非常に疲れているだろう。だから彼の状態を確かめる必要があり、明日の夜に向けて選択肢に入れられるか考えたい」と続けている。

一方で、オーストリア人指揮官は同じ会見で「これからの24日間でアウェーマッチを4戦、ホームマッチを3戦戦うことになる」と試合日程にも触れ、「だからこれからはローテーションを敷き、常に同じメンバーを起用することはないだろう」とターンオーバーを考えに入れていることを明している。鎌田も疲労が抜けていなければ、レヴァークーゼン戦での起用は見送られるかもしれない。

最終更新:10/18(金) 9:29
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ