ここから本文です

“名古屋の台所”困った 中央水産ビルが約半世紀の歴史に幕 入居店舗は移転か廃業か 柳橋中央市場

10/18(金) 15:01配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 名古屋駅から歩いてわずか5分という一等地にあって、新鮮な魚が買える「柳橋中央市場」。この一帯は、ところ狭ましと魚の卸店などがひしめき合う場所。

 その柳橋中央市場の主要な3つのビルのうち、市場の半数以上の商店が入る「中央水産ビル」が、10月で閉鎖することになりました。

 名古屋駅近くに残る、昭和の風情を残した一角。ここに100年以上の歴史を持つ、「柳橋中央市場」があります。

 中央水産ビルは魚を扱う市場として、業者だけでなく一般の人にも親しまれてきました。

「昔からあるし、名古屋の台所」
「30年前はすごかった。(買物客が)大勢でいっぱいで。みんな並んで買われて、お荷物いっぱいで」(街の人)

 そんなにぎわいをみせた市場は、いま…。

 愛知県長久手市で鮮魚店を営む田中雅芳さん(70)は、18歳の時から50年以上、中央水産ビルで買い付けを行ってきました。

 この日もいつものように馴染みの店を訪れた、田中さん。

「ここもあと2週間か。ここがなくなるのは、非常にさみしい」(鮮魚店を営む 田中雅芳さん)

 実は10月いっぱいで、このビルの市場の閉鎖が決まっています。

「お客さんの要望で魚をそろえてやるわけですから。(市場が閉鎖したら)あっち行ってこっち行って…という仕入れになるから、時間的なロスもできるし、どういう状況になるか…」(田中さん)

 66年前にそれぞれの商店がお金を出し合って組合を作り、54年前にこのビルが完成。最盛期には80以上の商店が軒を連ねていました。

 しかし、街の鮮魚店や料理人など買い出し客が減ったことで入居店舗数は49軒となり、減少の一途を辿りました。

 さらに、問題はそれだけではありません。築54年が経ったビルは、老朽化で壁が剥がれ落ち、名古屋市から耐震化を求める行政指導が。

 しかし、耐震化にかかる費用は10億円以上。とても組合に入っている商店が負担できる金額ではありません。

1/2ページ

最終更新:10/18(金) 16:07
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事