ここから本文です

圧倒的男性社会のなかで自分を貫く。女性エンジニア・ちょまどの軌跡

10/18(金) 12:22配信

TOKYO FM+

ファッションデザイナー、起業家、インフルエンサーなどマルチに活躍するハヤカワ五味がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「マスメディアン 妄想の泉」。この番組では、さまざまなフィールドで活躍する起業家やクリエイター、アーティストをゲストに迎え、未来を面白くするヒントを“妄想しながら”探っていきます。10月12日(土)の放送は、エンジニア兼漫画家の“ちょまど”こと千代田まどかさんが登場しました。

【写真を見る】パーソナリティのハヤカワ五味(写真右)

◆「妄想は創作活動の源泉」

マイクロソフトのクラウド デベロッパー アドボケイトとして働く千代田さん。その役割とは、「マイクロソフトと外部開発者との関係を築いていくことが中心。デベロッパーの皆さんに、マイクロソフトの技術を使ってもらう、知ってもらうこと。デベロッパーコミュニティのサポート」と話します。

人に物事を伝えることを生業としていることに、千代田さんは「もともと腐女子でオタクだから、自分の好きな漫画や“推し”を、いかにあの手この手で“沼に浸けさせられる”か、(いろいろな人に)“腐教”活動していた。それがいま活きている」と笑います。

大学時代の4年間は塾講師のアルバイトをしていたそう。現在、講演などに登壇する機会の多い千代田さんは、「(塾の講師として)集団授業ではみんなの前でしゃべり、個別授業だと小学生でもわかるようにやさしく教えてあげたりしていました。そのときの経験がつながっている」と言います。

また、プログラミング言語を擬人化したWeb漫画「はしれ!コード学園」、日本人が外国人と一緒に働くときにありがちなシチュエーションを漫画で紹介するロッシェル・カップさんとの共著「マンガでわかる外国人との働き方」(秀和システム)など、漫画家としての顔も持つ千代田さん。「私にとっての妄想は、創作活動の源泉」と胸を張ります。

◆エンジニア兼漫画家となったきっかけ

エンジニア兼漫画家として活躍するようになったきっかけは、大学の進学祝いでパソコンとペンタブレットを買ってもらったこと。ペンタブレットを手にしたことによって、いままで以上にたくさんの絵を描くようになり、自身の作品をみんなに見てもらいたいという気持ちが芽生えたと言います。

そのためのWebサイトをつくろうと、HTMLやCSSを勉強したことが「私の始まり」と千代田さん。さらにWebサイトに動きを加えようとJavaScriptを勉強したり、掲示板機能を付けるためにPHPを勉強したり、Perlやサーバー構築などさまざまなことを学んでいったそう。そして、このWebサイトのレンタルサーバーの維持費を稼ぐために始めたのが塾講師のアルバイトでした。

自身の妄想について、「2~3年後の自分や未来の自分を妄想する」と言う千代田さん。大学時代には、「人前に出てしゃべる自分と漫画家の自分、両方を妄想していた」と振り返ります。まさに、いまその妄想を体現していることに「妄想があると、それに向かって最適化されていく」と語ります。

1/2ページ

最終更新:10/18(金) 12:22
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事