ここから本文です

MEGUMIさんが西日本豪雨被災地の小学生と交流 復興へのメッセージ託す 倉敷市真備町

10/18(金) 18:44配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山県倉敷市出身の女優・MEGUMIさんが、西日本豪雨で被災した倉敷市真備町の小学校を訪れ、児童と交流しました。

 MEGUMIさんが訪れたのは川辺小学校の6年生の教室です。西日本豪雨で被災した川辺小学校では、今も約290人の児童が仮設校舎で学んでいます。

(児童はー)
「もう駄目だと思ったことはありますか?」

(MEGUMIさん)
「ありまくりですよ。ここじゃ言えないくらいのやばいやつはありますが。その時にくさらない方がいいんですね」

(児童はー)
「前向きで歩いていこうと思いました」

 児童は、復興への思いを書いたメッセージをMEGUMIさんに手渡しました。メッセージはMEGUMIさんが主催する音楽や食のチャリティ・イベント「ブチ ブライト カーニバル」で19日に紹介されます。

(MEGUMIさん)
「新しい出会いがあったり、ポジティブなエネルギーが溢れる場所になればいいなと思ってます」

最終更新:10/18(金) 18:44
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事