ここから本文です

マンUが81億円でクロースを狙う レアルは“奴”とのトレードを要求!?

10/18(金) 12:30配信

SPORT.es

ドイツ紙『Bild』によれば、マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリー所属MFトニ・クロース獲得を望んでいるという。現在精彩を欠くミッドフィールドのエリアに新たな空気を送り込むことがユナイテッドの狙いだ。

「この男は誰だ?」ヴィオラの7番が人気サッカーゲームの不細工過ぎる本人画像に反応


同紙によればユナイテッドはクロース獲得の為に6,700万ユーロ(約81億円)を投じるつもりだという。クロースは29歳にして世界最高峰のパサーの地位を維持し続けている。しかし、前シーズンはワールドカップでドイツ代表が低迷し、マドリーでも酷評されるなど、クロースにとってはハードな時期だった。


今季は好調のクロースだが、マドリーはユナイテッドがこの選手に関心を示したことを歓迎するだろう。というのもポール・ポグバとのトレードの可能性が浮上するからだ。フランス代表MFポグバはジダンが熱望する選手であるが、ユナイテッドが高額の移籍金を要求していることから獲得が叶わなかった。


しかし、一番の疑問はトニ・クロースほどのレベルの選手が欧州CL出場権の無いクラブへ移籍するかどうかということだ。前季のプレミアリーグでユナイテッドは6位に終わっている。おまけに今季のユナイテッドの成績も芳しくなく、クロースがこのクラブへの移籍に興味を示すかどうか疑わしい。


いずれにせよ、レアル・マドリーはポグバのトレードという条件でしかクロースを手放さない為、ユナイテッド移籍は簡単には実現しないだろう。おまけにクロースは今年5月にマドリーとの契約を延長している。

SPORT

最終更新:10/18(金) 12:30
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事