ここから本文です

中日のドラ2橋本が母校の大垣日大高に報告 阪口監督「一番の努力家 鬼の阪口がこの子には鬼にならなかった」

10/18(金) 12:07配信

中日スポーツ

 中日からドラフト2位で指名された大商大の橋本侑樹投手(21)が18日、母校の大垣日大高を訪れ、恩師である阪口慶三監督(75)にプロ入りを報告した。

 高校時代は1年夏に甲子園のマウンドを経験したが、その秋に左肘を疲労骨折し、ランニングに明け暮れた。阪口監督は「一番の努力家だった。鬼の阪口と言われたけど、この子には鬼にならなかった。本当におめでとう、心からお祝いを言いたい」と祝福。

 橋本も「あの走り込みがあったから今がある」と感謝し「握手をしていただいて、よりいっそう頑張らないと、という気持ちもわいてきました」と決意を新たにしていた。

最終更新:10/18(金) 12:07
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事