ここから本文です

クラシコ延期にバルサ指揮官 「この種の試合に日程の違いはない」

10/18(金) 12:54配信

SPORT.es

FCバルセロナの監督エルネスト・バルベルデは、クラシコが最終的に延期し、日程が変更されたことについて言及している。
「順序を変えて、最初にベルナベウでプレーするというアプローチがあったことは事実だ。この問題はファンも尊重しなくてはいけない。通常ならば我々のスタジアムでプレーするんだ」

「この男は誰だ?」ヴィオラの7番が人気サッカーゲームの不細工過ぎる本人画像に反応


バルベルデは、バルサが2017年10月1日(カタルーニャの独立を問う住民投票が行われた日)にも試合を行ったことを思い出した。
「10月1日カンプ・ノウで、1週間後にはワンダでプレーした。誰もが悲劇的だと思っていたが、誰もが問題なく自分のアイデアを表現した」


バルベルデはクラシコが12月18日(水)に開催されることになった場合、どちらのチームに利益をもたらすかと尋ねられた。
「日程的には我々がより多くの利益を得ることができる。しかし、この種の試合には、日程の違いなど関係ない」と述べている。

SPORT

最終更新:10/18(金) 12:54
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事