ここから本文です

工藤監督「勉強しなきゃいけない」かつて仕えた原監督に

10/18(金) 18:28配信

西日本スポーツ

 プロ野球のSMBC日本シリーズ2019は19日にヤフオクドームで開幕し、5年ぶりにセ・リーグを制した巨人と、パ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜いて3年連続日本一を狙うソフトバンクが対戦する。

【一覧】ソフトバンクの日本シリーズ予想ローテ

 両チームは18日、ヤフオクドームで調整した。ソフトバンク工藤監督の会見での一問一答は以下の通り。

-前日練習を終えた心境は

 ちょっと緊張感が増してきました。それと同時に楽しみだなと思ってます。

-19年ぶりの顔合わせ。ファンも楽しみだが、工藤監督にとってはどんな楽しみが

 19年前は私はジャイアンツに所属してましたので。こうやってホークスとジャイアンツで戦うにあたっては、本当に懐かしく思います。ただ、今はホークスの監督として、チャレンジャーの気持ちで、素晴らしい日本シリーズ、ファンの皆さんに喜んでもらえる日本シリーズをぜひしたいなと思います。

-「ON対決」以来。王会長から何か声を掛けられたり、思いを伝えられたことは

 話の中では出ますけど。ほんとに楽しみにしていただいてると思いますんで。素晴らしい野球をお見せすることが何よりも大事かなと。当然、やるからには勝ちたいですし。あの時はジャイアンツの人間として勝つことができましたけど、今回はホークスの監督として、ジャイアンツに…ジャイアンツさんに勝ちたいなと。

-巨人での現役時代に原監督の下でも戦った。原監督の采配、特徴について思うことは

 私はピッチャーですんで、采配はなかなか、自分が投げてることに一生懸命ですので、そこまで見る余裕がなかったですが、本当に選手の特長であったり、いいところを引き出す、素晴らしい監督だと思います。采配も、まだまだ私、勉強しなきゃいけないところがありますんで。見て、学びながらやっていきたいと思います。しっかりと自分自身もチャレンジしていけるように、このシリーズ、頑張っていきたいと考えています。

-巨人の今季の戦いをどう見ていたか

 投打ともにバランスも良く、若い選手たちも伸びてきて、ほんとにバランスの取れたチームだなという印象は持ってます。

-坂本勇、丸、岡本らを擁する打線の印象や、警戒したい打者は

 どこからでも点が取れる打線だと思いますので。誰ということではなく。当然、主軸はしっかり抑えなきゃいけないですが、チャンスができれば、足を使って、あと長打、ホームランが非常に魅力的なチームだと思いますので。全てにおいて注意しなくてはいけない。気持ちを緩めたら、そこに付け入られると思います。

-山口俊、菅野らを擁する投手陣の印象は

 交流戦で山口(俊)投手にはやられてますので。しっかりと対策を立てていかなきゃいけないなとは思います。

-今シリーズは予告先発を採用。第1戦先発の千賀にはどんな期待を

 ウチのエースですので。(CS)ファイナル(ステージ)のようなピッチングをしてくれることを期待してますし、ウチのエースで勝って、チームが盛り上がっていかないといけないと思いますので。非常に期待は大きいです。

1/2ページ

最終更新:10/18(金) 18:39
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事