ここから本文です

7割が少子化を危惧!女性が思う「少子化が加速している原因」1位とは?

10/18(金) 20:45配信

LIMO

日本は深刻な少子化に陥っています。女性が社会進出を果たし、必ずしも結婚して子育てをするとは限らない生き方の多様性が広がっています。しかし、少子化によりさまざまな制度が崩壊しつつあるのが現実です。この現状をどう捉えている人が多いのでしょうか。

そこで、株式会社エアトリが「20代~70代の男女934名を対象に少子化対策に関する調査」を行いました。少子化に対する意識や諸外国の少子化対策などを見ていきましょう。

少子化に対して7割が危機感

日本の加速する少子化に対して非常に危機感を感じている人は39.9%いることが分かっています。やや危機感を覚えると答えた32.9%と合わせると、約7割の人が少子化に対して危機感を覚えているということです。これほど多くの人が危機感を覚えているのですが、なぜ少子化が加速しているのでしょうか。少子化に対する意見を詳しく見ていきましょう。

「お金がかかって、自分の時間がなくなっていくので、自分の人生ではなくなっていくというネガティブなイメージしかありません。(20代・女性・子どもなし)」

「地方は、都会より就職先が少なく、収入面においても格差がある上に、車代やガソリン代といった交通費がかさみます。若者が、お金のかかる結婚や子どもの教育に躊躇する要因になっているのではないでしょうか。(60代・男性・子どもあり)」

「国がさらにサポートしても良いと思います。子どもたちは未来の老いた自分たちを支えてくれる大切な存在であることをもっと意識すべきです。その子どもたちを育てているお母さんへの支援や補助が多くあって欲しいです。(40代・女性・子どもあり)

日本社会を支えるために、子どもの存在は必要不可欠だと感じている人がほとんどです。しかし、お金や自分の時間がなくなると思い、子育てに積極的になれない若者がいるのは事実です。

そのため、子育て家族には、何かしらのサポートが必要だといえるでしょう。具体的にどのようなサポートが求められているのか掘り下げてみます。

1/2ページ

最終更新:10/18(金) 20:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事