ここから本文です

最近増えている「WEB面接」甘く見ていると陥りがちなミスとは“4つの注意点”

10/18(金) 12:15配信

LIMO

転職を成功させるには、面接をうまく乗り越えていかなければなりません。最近ではWEB面接を実施している企業も増え、新卒の頃との違いを感じている方も多いのではないでしょうか。

「就活の時に面接を経験したから慣れている」「WEB面接なら構える必要はない」と甘く見ていると、結果が得られず苦戦してしまうケースも珍しくありません。なぜか面接が突破できない…と悩んでいる方は、面接での言動や立ち振る舞いを振り返ってみましょう。

Web面接での注意点

場所を選ばないWEB面接は、通常の面接よりも気が緩みがち。しかし、面接官はあなたのことを画面越しにしっかりと分析しています。相手に好印象を与えるためにも、以下のような点を意識しておきましょう。

 笑顔で接しているか

WEB面接でも、実際に対面しているように笑顔を意識しておきましょう。相手に聞き取りやすく、かつ明るい印象を与えるためにも、ハキハキした口調で受け答えするのも大切です。

 身だしなみは整っているか

「下半身はカメラに映らないだろう」「そこまで細かく見ていないだろう」という考えは禁物です。通常の面接と同じく、服装や髪型への配慮はきちんと行なっておきましょう。下半身にも気を配り、面接時間の前には全身チェックをしておくと安心です。

 環境は整っているか

背景に物が散乱している、話し声や雑音が聞こえてくるといった状況もNGです。部屋は綺麗に片付けておき、音の出ない環境にしておきましょう。同居人がいる場合、静かにしてもらうよう声をかけておくのも忘れずに。

 カメラの準備はできているか

面接が始まる前に、カメラチェックをしておくのも大切です。相手から見える状態を確かめ、顔全体がバランスよく映っているか、目線に違和感がないかなどを確認しておきましょう。

面接がうまくいかないときは

笑顔や身だしなみを意識しているのに、面接に落ちてばかり…という方は、アピール方法を見直してみましょう。うまく受け答えをしているつもりでも、あなたの魅力が面接官に届いていないのかもしれません。

たとえば、過去の経験をただ並べてはいませんか? 「こんな経験をした」だけでなく、「なぜその経験をしようと思ったのか」「どういった行動にでたのか」「そこから何を得たのか」を添えると、あなたの行動特性を知ってもらうことができます。具体的な数字や固有名詞があれば、さらに説得力が増しますよ。

また、転職の場合は「その企業に転職したい熱意」を伝えなければなりません。企業研究をしてどんな質問にも答えられるようにしておく、反対にその企業に対する質問を積極的に行なうなど、志望度の高さをアピールしましょう。

1/2ページ

最終更新:10/18(金) 12:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事