ここから本文です

UBS、貿易金融向けWe.Tradeブロックチェーンを稼働

10/18(金) 8:00配信

CoinDesk Japan

スイスの金融最大手UBSは、「we.trade(ウィートレード)」上での本格的な取引を開始した。これは、ブロックチェーンを基盤とした貿易金融(トレード・ファイナンス)プラットフォームであり、加盟銀行による広い普及が近づいている。

UBSは、10月初めにウィートレードが稼働し、中小企業(SMEs)向けサービスを促進していることを認めた。広報担当者はCoinDeskに次のように語った。

「我々は、新しいプラットフォームについて顧客を啓蒙し、プロセスを順を追って説明するために、1対1で顧客に働きかけています」

ブロックチェーンは、以前は紙ベースだった国際貿易の世界に、共有型のデジタル記録を提供し、契約を履行する企業間の信頼を高めるのに役立つ。ウィートレードは、欧州系銀行の中小企業顧客の間に信頼されるネットワークを構築することに注力している。サービスには、銀行支払保証およびインボイスファイナンス(売掛金担保融資)が含まれ、それらに対して銀行は手数料を請求する。

2018年半ばにローンチされたウィートレードは、TradeIXとR3に支援される貿易金融ブロックチェーンのマルコポーロ(Marco Polo)のような、まだ試験段階にある競合他社に先んじている。ウィートレードのプラットフォームは、今や商業的な普及に重点を置いており、より多くの銀行を集めることと、より多くの中小企業を呼び込むことという2本柱のアプローチを取っている。

オーストリアのエルステ・グループ(Erste Group)とスペインのカイシャバンク(CaixaBank)も、今月からライブトランザクションを推進し始めた。来年初めには、ギリシャのユーロバンク(Eurobank)並びにチェコの3大銀行 -チェコスロバキア貿易銀行(CSOB)、コメルチニー銀行(Komercni)、チェコ貯蓄銀行(Česká Spořitelna)-が参加する予定だ。チェコの銀行三行は、同国の国内貿易の80%を占めている。

ウィートレードのゼネラルマネージャーのシアラン・マクゴワン氏は、CoinDeskに次のように語った。

「我々は、チェコ共和国ではオートセトルメント商品が無料のモデルから始めています。それによって、国内取引の無料モデルが、我々に利するような簡単で迅速な参入をもたらすかどうかを見極めます」

ユーロバンクについて、ゴワン氏は次のように付け加えた。「興味深いのは、ギリシャでは未だに先日付小切手が非常に普及していることで、彼らはプラットフォームをそれに取って代わるものと見ている。これも我々が予想していなかったユーザーストーリーだ」と述べた。

ソシエテ・ジェネラル(SociétéGénérale)、HSBC、サンタンデール(Santander)、ウニクレディト(UniCredit)、ノルデア(Nordea)、KBC銀行、ラボバンク(Rabobank)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)は、既に取引契約の決済にウィートレードを使用している。

1/3ページ

最終更新:10/18(金) 8:00
CoinDesk Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ