ここから本文です

日本エイサー、持ち歩く15.6型ディスプレイ、重さは1kg以下

10/18(金) 16:00配信

BCN

 日本エイサー(ボブ・セン社長)は、外出先でもマルチディスプレイ環境を実現できる15.6型モバイルディスプレイ「PM161Qbu」を10月24日に発売する。価格はオープン。



 15.6型ながら、重量は970g、厚さは2cmの軽量・スリムボディで、ノートPCと一緒にビジネスバックに入れて持ち運ぶことができる。マルチディスプレイとして使用することで、仕事効率を高めるほか、ノートPCのサブモニター、外出先でのプレゼンテーション、携帯ゲーム機のサブモニターと、さまざまな用途で活用できる。
 

 パネルは、広視野角IPSパネルを採用し、映像やゲーム画面など、細部まで鮮明に映し出す。スマートフォンの小さい画面では見えにくい映像も、大きな画面に繋げることでストレスなく楽しめる。15°/35°に角度調整ができる収納式自立スタンドを搭載する。

 このほか、保護ケース、SB Type-Cケーブル、Micro USBケーブル、ACアダプターを付属する。

最終更新:10/18(金) 16:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事