ここから本文です

好対照な両者の顔合わせ、宇都宮ブレックスはランドルフがペイントエリアの番人となれるか

10/18(金) 9:00配信

バスケットボールキング

■宇都宮ブレックスvsシーホース三河(@ブレックスアリーナ宇都宮)
第1戦:10月19日15時5分、第2戦:10月20日15時5分

 千葉ジェッツの前に昨季は東地区の優勝争いで後塵を拝し、チャンピオンシップでもセミファイナルで激突して涙を飲んだ宇都宮ブレックス。今季初対決はアウェーの上、ジェフ・ギブスと竹内公輔を欠く厳しい戦いとなったにもかかわらず、第4クォーター中盤にライアン・ロシターの連続3ポイントで抜け出し、5分37秒にわたって無失点とディフェンスでも千葉を抑えこみ、まず1つ昨季の借りを返した。ロシターはギブスの欠場を受け、19得点に加えて20リバウンド5アシスト4スティールと獅子奮迅の大活躍。遠藤裕亮も19得点4スティールと攻守に奮起した。

 宇都宮と同様に昨季は新潟アルビレックスBBに中地区優勝を許しただけでなく、地区4位に沈んだシーホース三河も、その新潟に1つリベンジを果たした。前半はほぼ互角ながら第2クォーター終了間際に長野誠史の3ポイントでリードを奪うと、第3クォーターもその勢いのまま波状攻撃で32得点と持ち前のオフェンス力を見せつけた。初めて新潟を敵に回したダバンテ・ガードナーは得点こそ14点止まりながら、13アシストとパス能力の高さも改めて示している。長野が3ポイント5本の15得点、熊谷航が10得点とポイントガードがよく得点に絡んだ点も明るい材料だ。

 昨季とロスターがほぼ変わらず、ハードなディフェンスに磨きをかけ続けている宇都宮に対し、三河は強力な補強でリーグ屈指のオフェンシブチームに進化。好対照な両者の顔合わせは、当然のようにその攻防が一番の見どころになるだろう。宇都宮ではシャブリック・ランドルフがギブスに代わってペイントエリアの番人となれるかどうか。三河では、ガードナーとコンビを組む外国籍選手がカギになるだろう。ここまでの5試合はガードナーの大学時代のチームメートでもあったクリス・オトゥーレがすべて出場しているが、2ケタ得点は2試合のみ。ミッケル・グラッドネスの出番ははたして訪れるか。

文=吉川哲彦

■ロースター
・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)
田臥勇太
ジェフ・ギブス
比江島慎
遠藤祐亮
竹内公輔
田原隆徳
渡邉裕規
鵤誠司
橋本晃佑
ライアン・ロシター
栗原貴宏※インジュアリーリスト
山崎稜
喜多川修平
シャブリック・ランドルフ

・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)
會田圭佑
川村卓也
岡田侑大
長野誠史
森川正明
熊谷航
金丸晃輔
根來新之助
加藤寿一
桜木ジェイアール
ミッケル・グラッドネス
クリス・オトゥーレ
ダバンテ・ガードナー

BASKETBALL KING

最終更新:10/18(金) 9:00
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事