ここから本文です

両軍ともディフェンス好調、小野寺祥太と古川孝敏の“移籍組”がキーマンに

10/18(金) 15:45配信

バスケットボールキング

■琉球ゴールデンキングスvs秋田ノーザンハピネッツ(@沖縄市体育館)
第1戦:10月19日19時5分、第2戦:10月20日14時5分

 西地区の上位争いが期待される両者の今季初対決は、琉球ゴールデンキングスが鮮烈な逆転勝利を披露した。抜きつ抜かれつの展開で進んだ前半から一転、第3クォーターは名古屋ダイヤモンドドルフィンズの3ポイント攻勢を浴びて劣勢に立たされたが、第4クォーターに入ると並里成とジョシュ・スコットの積極果敢なオフェンスで猛追。残り3分18秒に逆転するとそのまま突っ走り、終わってみれば10点差をつけていた。最後の6分39秒間は相手に1点も許さず、勝負どころで攻守にわたって名古屋Dを圧倒した格好だ。並里が14得点10アシスト、岸本隆一も17得点を挙げているが、満原優樹が体を張り続けて8リバウンドをもぎ取ったことも忘れてはならない。

 対する秋田ノーザンハピネッツも、前節はアルバルク東京を撃破する貴重な白星。先手を取りながらも一度はリードを失ったが、息を飲む攻防が繰り広げられた第4クォーターは点差を詰められても焦らず取り返し、一度もリードを譲ることなく5点差でかわした。最大の勝因は言うまでもなく、A東京を60得点に封じたディフェンス。昨季と比べて不用意なファウルが減り、前節も選手個々のファウルトラブルはあったもののチーム全体では18個とリーグ全体の水準を大きく逸脱しなかった。オフェンス面でもシュートの成功率は決して高くなかったが、ターンオーバーが8個と少なかった点は大きな進化の証だ。

 シーズンをまたいで実を結びつつある秋田のディフェンスに対し、琉球もここまで培ったディフェンスで前節の第4クォーターは得点力の高い名古屋Dをわずか4点に抑えこんだ。キーマンとなるのは秋田から琉球に移籍した小野寺祥太と、琉球から秋田に移籍した古川孝敏。小野寺は体を張ったディフェンスを披露できるか、古川はそのシュート力で古巣のディフェンス網を混乱に陥れることができるか、いずれも移籍が正解であったことを証明する舞台となる。

文=吉川哲彦

■ロースター
・琉球(ヘッドコーチ:佐々宜央)
石崎巧
福田真生
並里成
デモン・ブルックス
長谷川智伸
岸本隆一
寒竹隼人
田代直希
満原優樹
小野寺祥太
ジョシュ・スコット
ジャック・クーリー

・秋田(ヘッドコーチ:前田顕蔵)
細谷将司
野本建吾
白濱僚祐
今川友哲
伊藤駿
中山拓哉
長谷川暢
保岡龍斗
ウィリアムスニカ
ハビエル・カーター
ジャスティン・キーナン
カディーム・コールビー
古川孝敏

BASKETBALL KING

最終更新:10/18(金) 15:55
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事