ここから本文です

フォンセカ監督のベンチ入り禁止処分が1試合に軽減、ミラン戦は指揮が可能に

10/18(金) 2:02配信

超WORLDサッカー!

ローマは17日、パウロ・フォンセカ監督に対するベンチ入り禁止処分が1試合に軽減されたことをクラブの公式ツイッターで発表した。

フォンセカ監督は6日に行われたセリエA第7節のカリアリ戦にて、試合終了後にダビデ・マッサ主審を侮辱したとのことで2試合のベンチ入り禁止処分を受けていたが、これに対してローマは処分が重すぎると控訴。

そして、スポーツ仲裁裁判所はこれを認め、2試合から1試合に処分が減らされた。これにより、フォンセカ監督は20日に行われる第8節のサンプドリア戦のスタンド観戦が確定したが、27日に行われる第9節のミラン戦ではベンチ入りが可能となった。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/18(金) 2:02
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ