ここから本文です

【ラ・リーガ第9節プレビュー】久保がレアル・マドリーと初対戦! 乾は王者バルサ戦!

10/18(金) 19:00配信

超WORLDサッカー!

インターナショナルマッチウィークによる中断前に行われた第8節では、グラナダとの首位攻防戦を制したレアル・マドリーが首位キープに成功。また、セビージャに快勝のバルセロナが2位に浮上した。その一方、アトレティコ・マドリーが格下バジャドリーとゴールレスドローと痛恨の取りこぼしとなった。

代表ウィーク明けお馴染みのFIFAウイルスと、チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)の再開によって波乱が予期されるラ・リーガ第9節。その中での注目はFW久保建英と、MF乾貴士と2人の日本人選手が、それぞれレアル・マドリー、バルセロナというメガクラブと対峙する2つのカードだ。

前節、久保は3試合ぶりのベンチスタートとなったものの、エスパニョールとの下位対決を制し開幕節以来の今季2勝目を手にしたマジョルカ。今季初の連勝を目指す今節は首位のレアル・マドリーをホームで迎え撃つ。今回の一戦で主役と目される久保に関して、保有元クラブとの対戦による出場不可という契約上の問題はない。ただ、日本代表での長距離移動によるコンディション面が懸念されており、勝利した前節に続きベンチスタートが濃厚だ。投入される状況としてはビハインドの可能性が高いが、“元チームメート”相手にどこまでやれるか…。

一方、グラナダとの上位対決を辛くも制したレアル・マドリーは昇格組相手の今節で連勝を目指す。ただ、22日には今季初勝利を目指す敵地でのCLガラタサライ戦を控えており、今回の一戦では積極的なターンオーバーを採用する可能性が高い。MFモドリッチやFWベイルら主力にケガ人が出ている中、休養十分のエースFWベンゼマら攻撃陣の活躍で前半のうちに勝負を決めたい。

CLインテル戦での逆転勝利をキッカケに前節セビージャにも快勝したバルセロナは、エースFWメッシの完全復調に、今節からDFユムティティらも戦列に復帰と徐々に負傷者も戻ってきており、チームのムードは悪くない。ただ、カタルーニャで深刻化するデモの影響で今回のエイバル遠征ではバス移動の可能性が伝えられるなど環境面は懸念材料だ。チームとしては政治的な問題に頭を悩まされることなく、エイバル戦でのリーガ4連勝達成に集中したい。

バルセロナ相手に番狂わせを狙うエイバルは前節のベティス戦を1-1のドローで終えたが、直近4戦負けなしと本来のパフォーマンスを取り戻している。その中でレギュラーポジションを手にしている乾は、カンプ・ノウで鮮烈な2ゴールを奪った相性の良い相手に対して今季初ゴールを目指す。

日本人2選手とメガクラブが対峙する前述の2カード以上に国内で注目を集めているのは、昨季2位のアトレティコと同4位のバレンシアが激突する強豪対決だ。

前節、バジャドリー相手にゴールをこじ開けられず、2位浮上のチャンスを逃したアトレティコでは、8戦7ゴールと迫力不足の攻撃陣への風当たりが強い。そのため、今回のホームゲームでは新星FWフェリックス、FWジエゴ・コスタ、FWモラタと主力ストライカーの働きに注目が集まる。

対してアスレティック・ビルバオ、アラベスとバスク勢相手に今季初の連勝を記録し、ようやく監督交代のごたごたから解き放たれた感のあるバレンシア。FWロドリゴやMFパレホといった主力に加え、FWフェラン・トーレスやMFイ・ガンインといった若手も伸び伸びとしたプレーを見せ始めており、今回のビッグマッチでは真っ向勝負をみせ、勝ち点を持ち帰りたいところだ。

その他では今季唯一の未勝利クラブである最下位レガネスが12位のヘタフェ相手に初勝利を目指すマドリード自治州ダービー、好調グラナダとオサスナによる昇格組対決にも注目したい。

《ラ・リーガ第9節》

▽10/18(金)
《28:00》
グラナダ vs オサスナ

▽10/19(土)
《20:00》
エイバル vs バルセロナ
《23:00》
アトレティコ・マドリー vs バレンシア
《25:30》
ヘタフェ vs レガネス
《28:00》
マジョルカ vs レアル・マドリー

▽10/20(日)
《19:00》
アラベス vs セルタ
《21:00》
レアル・ソシエダ vs ベティス
《23:00》
エスパニョール vs ビジャレアル
《25:30》
アスレティック・ビルバオ vs バジャドリー
《28:00》
セビージャ vs レバンテ

超WORLDサッカー!

最終更新:10/18(金) 19:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事