ここから本文です

「レースをすべきか悩んでいる」手負いの中上、怪我の悪化に浮かべる苦渋の表情/MotoGP第16戦日本GP

10/18(金) 20:16配信

オートスポーツweb

 MotoGP日本GPの初日セッションを終え、取材に応じるため記者たちの前に姿を現した中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)の浮かない表情に、右肩の怪我の状態がうかがえる。怪我をおして参戦した母国グランプリ。状態は悪化の一途をたどっていた。

【写真】中上貴晶は母国グランプリに怪我をおして参戦していた

「今も痛みがあります。走行後が一番きつくて、肩が上がらないところまで来てしまっているんです」と状況を説明する中上。声には張りがなく、表情も硬い。取材のために集まった記者たちの間にも、何とも言えない雰囲気が漂った。

 中上が苦しんでいる右肩の怪我は、オランダGPで他車との接触により激しく転倒して負ったものだった。関節唇という軟骨を2ヶ所、損傷しており、骨が削れていっている状態。レースごとに怪我の具合は悪化していったといい、10月15日には、ついに手術を受けることと、それに伴い2019年シーズンの日本GP以降の残り3戦を欠場することが発表されている。

 母国グランプリには、本来医者に止められたところをどうしてもと頼み込んで参戦した。ストップ&ゴーのレイアウトを持つツインリンクもてぎが、怪我に厳しいであろうこともわかっていたが、金曜日のセッションで走ったとき、もはやパフォーマンスを追求するような状況ではなかった。

「フリー走行1回目で走り出してすぐに、肩の状態が悪化しました。非常に厳しいです。3周くらいしかもちません」まったく力がなくなっていき、バイクを支えられない。3周もすれば、ブレーキングで止めることができない状況。セッションではピットストップの時間を長く取っていた印象だったが、それは怪我の影響だったらしい。「連続周回もできず、まったく走れていません。たった45分のなかでも休みながら走っているんです」

 フリー走行2回目では痛み止めを服用したが、ほぼ効果はなかった。タイムを詰めポジションを上げる、セッティングを詰める……どころの話ではなく、攻めた走りもできない。中上自身、もはや最終決断を下さねばならない状況なのだと考えていた。

「自分のなかでレースをするべきなのか、というところまで悩んでいます」

 予選日は雨の予報である。ウエットコンディションであれば、走行時のフィジカル面の負担は少ない。「今言えることは、明日はウエットでも走ってみて、それで最終決断をしようかなとは思っています」と中上は言う。

「プラクティスでここまで(痛みが)ひどいのは初めてです。なんとか(母国グランプリで)レースができるかなというところまで何戦か伸ばしてきたんです。けれど、正直なところ、今、非常に厳しいです」取材の場では、中上の表情も声も、終始険しいままだった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/18(金) 20:30
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事