ここから本文です

日本Sの出場資格者が発表 巨人、ソフトバンクで40人から外れた主な選手は?

10/18(金) 12:34配信

Full-Count

巨人はクックや戸根、ソフトバンクは中田や加治屋ら外れる

 日本野球機構(NPB)は17日に、19日から始まる日本シリーズの出場資格者名簿を公示した。巨人とソフトバンク、それぞれ40人ずつが登録され、試合毎にこの中からベンチ入り25人を決めることができる。

【表】日本一をかけた頂上決戦がいよいよ19日に開幕 日本シリーズ2019出場資格者40人一覧

 巨人は投手19人、野手21人を登録。故障者を含め、この40人から外れた主な選手には、岩隈久志投手、ライアン・クック投手、宮國椋丞投手、田原誠次投手、戸根千明投手、サムエル・アダメス投手らが挙げられる。

 巨人と同じ投手19人、野手21人を登録したソフトバンク。怪我人も含め、40人から漏れた主な面々としては中田賢一投手や加治屋蓮投手、東浜巨投手、田中正義投手、西田哲朗内野手、江川智晃外野手、釜元豪外野手らがいる。

Full-Count編集部

最終更新:10/18(金) 14:34
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事