ここから本文です

【MLB 優勝決定S】田中将大、6回途中4失点も米メディアは擁護 「タナカの投球内容は問題なかった」

10/18(金) 14:55配信

Full-Count

1点リードの3回にスプリンガーに3ランを浴び逆転を許した田中

■アストロズ 8-3 ヤンキース(優勝決定シリーズ・日本時間18日・ニューヨーク)

【動画】田中将大の“渾身”の空振り三振にチームメイトは手を叩いて大爆笑

 ヤンキースの田中将大投手は17日(日本時間18日)、本拠地で行われているアストロズとのア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦に先発し5回0/3、4安打4失点(自責3)でポストシーズン通算3敗目を喫した。チームは3-8で敗れ通算成績を1勝3敗とし崖っぷちとなったが、メディアは「タナカはもっと良い結果が待っていても良かった」と力投を見せた日本人右腕を擁護している。

 初回、2回は無失点と好スタートを切ったが1点リードの3回に悪夢が待っていた。先頭打者に四球を与えるなど無死一、二塁としスプリンガーには甘く入ったスプリットを左中間へ運ばれる逆転3ランを浴びた。その後は立て直したが6回に先頭のブレグマンに出塁を許した(一ゴロ失策)場面で降板となった。

 地元メディア「YESネットワーク」のクリス・シャーン氏は、6回途中4失点(自責3)と粘りの投球を見せた右腕を「タナカはもっと良い結果が待っていても良かった」と擁護。打線は押し出しの1点で先取点を奪ったものの、その後の得点は6回にサンチャスの2ランのみだった。

 また、米メディア「ハフィントン・ポスト」のウィル・プレスティ記者も「タナカの投球内容は問題なかった。苦戦したのは(3回に被弾した)1イニングだけ。その他のイニングは素晴らしかった。ルメイヒューへの当たり損ないの打球へのエラーの場面で降板。続投も可能だった」と、逆転3ランを浴びた3回以外には合格点を与えていた。

Full-Count編集部

最終更新:10/18(金) 15:02
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事