ここから本文です

朗希「国内最速超える」 ドラフト会議、ロッテ指名

10/18(金) 11:31配信

岩手日報

 緊張感でいっぱいだった剛速球投手がようやく表情を和らげた。パ・リーグの4球団が最速163キロを誇る佐々木朗希を1位指名。抽選の末にロッテが交渉権を獲得すると「まずはほっとした」とにっこり。岩手の至宝は千葉から日本一の投手を目指す。

 「うれしさは100パーセントです」。就職先が抽選箱に入った1枚の当たりくじで決まる人生の岐路。全国の舞台に立てず、思うような結果を残せなかった右腕が喜びを素直に表した。

 大船渡市三陸町越喜来の三陸公民館でドラフト会議の映像を静かに見守った。高校の仲間や保護者も多く集まり、1位指名で「佐々木朗希」と表示されると大きな拍手。事前に公表していなかった楽天も指名すると会場がどよめいた。

 「国内最速を超える」「日本一の投手になる」。佐々木の魅力は何よりもスケールの大きさだ。大船渡に似た浜風の中、熱い応援を受けながら全力を出し切る時を誰もが心待ちにしている。

(小田野)

最終更新:10/18(金) 12:52
岩手日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事