ここから本文です

【インタビュー】りょう(東海オンエア) YouTuber界きってのサッカー好きが語る魅力「一人ひとり違うドラマを見られる」

10/18(金) 19:02配信

SOCCER KING

 現在、YouTubeチャンネル登録者数475万人をほこる、愛知県岡崎市を拠点に活動する人気6人組・東海オンエア。その中の一人、りょうさんはチェルシーの大ファンで、個人のSNSでも度々情報や想いを発信している。

 2018年にチェルシーのレジェンドであるディディエ・ドログバと対面を果たし、2019年はチャンピオンズリーグ決勝を生観戦し、その様子をそれぞれ動画で公開。サッカーに詳しくない、触れたことがないという東海オンエアのファンにも、りょうさんのサッカー好きは浸透している。

 そんなりょうさんに、サッカーの魅力を話してもらうとともに、愛するクラブについてや、そのチェルシーが参戦しているチャンピオンズリーグの魅力について、語ってもらった。

取材・文=小松春生
写真=金田慎平、Getty Images

■激しさや熱量を感じてハマった

―――今日は、動画の企画で実施している格好、そのままで取材に来ていただきました(笑)。

りょう 企画の罰ゲームで、こういう格好で活動しています。ややこしくさせてしまいますが、よろしくお願いします(笑)。

―――りょうさんはチェルシーが好きとSNSで度々発信していますが、まずご自身のサッカー経験から教えてください。

りょう 小学校の頃はサッカー部だったんですけど、真剣にやる部活ではなかったんです。当時は見る方も、ドイツ・ワールドカップをテレビで見たくらいでした。中学校はサッカー部がなかったので、プレーすることはそこで終わってしまったんですけど、サッカー好きの友達が多くて、一緒に海外サッカーを見るようになりました。

 それが2007-08シーズンで、ちょうどチェルシーがジョゼ・モウリーニョ監督を解任して、アヴラム・グラント監督が後任になって、後半戦にかけてすごく勢いが良くなり、フランク・ランパードやディディエ・ドログバたちがすごく活躍していたタイミングだったんです。特にチャンピオンズリーグ準決勝のリヴァプール戦で、母親を亡くしたばかりのランパードが決勝点を取って。その、ランパードの活躍を見て、「チェルシーすげぇ!」となり、決勝でも当然応援をして、そこからチェルシーを追いかけています。強さもそうでしたし、ドラマ性を感じたことがすごく大きかったですね。

―――海外サッカーは生で見られる機会が少ないですけど、そこでハマったと。

りょう 激しさや熱量をすごく感じたんだと思います。特に当時は堅守速攻で強いチームが多くて激しかったですからね。それが面白く感じたんだと思います。

―――そこからずっとチェルシー一筋。

りょう チェルシーだけですね。

―――追いかけ始めて10年以上になりますね。

りょう 学生時代はいろいろなチームを見ていましたけど、今はチェルシーの試合しか見ていないくらいで(笑)。

―――チームスタイルや選手は時の流れとともに変わっていく中、りょうさんを惹きつけ続けている魅力は何でしょう?

りょう 見ていくうちに、愛着が湧くんです。選手が入れ替わっても、急に全員知らない選手になることはないですし、見続ければ、新加入の選手も好きになります。みんな好きです(笑)。

―――その中でもやはりランパードが一番?

りょう ジョン・テリー、ランパード、ドログバは特別です。もちろん他の活躍してくれた選手たちも大好きですけど、その3人は特に、ですね。

―――時代は進み、その3人とも引退をしました。

りょう でも、その3人に代わるように引っ張ってくれたエデン・アザールも大好きですし、今のチームだって、フィカヨ・トモリ、メイソン・マウント、タミー・エイブラハムの下部組織出身3人がシーズン序盤から活躍してくれているので、めちゃめちゃ楽しいです。このまま、一生楽しめる気がしますね。

―――先ほど、ドログバは特別な選手とおっしゃいましたが、りょうさんは2018年、ご本人にお会いしていますね。

りょう めちゃめちゃ緊張しました。緊張と興奮がすごかったですし、「ドログバだぁ!」って(笑)。圧倒されました。すごく紳士な方で、本当に毎試合、ずっと見てきた人だったので思い出深いです。

―――テリーへの想いはいかがでしょう?

りょう チェルシーを見ていたら全員好きになる選手ですよね。チームを引っ張るリーダーでしたから。自然と好きになっちゃいます。

―――こういうタイプの選手が好き、という傾向はありますか?

りょう やっぱり熱い選手が好きですね。今のチームだと、ジョルジーニョが闘志むき出しでプレーしていて、最近すごく好きです。

―――Twitterでも今シーズンの一推し選手として、紹介してましたね。

りょう はい。昨シーズンよりかなり自由にやらせてもらっているのか、よりリスクのあるパスを出すようになって、目立つようになった気がします。



―――ランパードの監督としての手腕もあると思います。

りょう チームの公式映像とかを見ていても、雰囲気が良く感じますし、信頼関係が生まれていて、いいチームになっていくと期待しています。ランパード監督は次のジョゼップ・グアルディオラ監督のような存在になれるとすら思います。

―――ランパード監督はモウリーニョ監督的と言いますか、堅守速攻を志向しているようですね。

りょう そうですね。結構激しく行っています。ただ、守備が少し気になります。点を取られ過ぎなので、そこは改善してほしいですね。選手もですけど、戦うチームが好きで、チェルシーは昔からそうですし、自然とそういうスタイルのチェルシーが好きになっています。

1/3ページ

最終更新:10/18(金) 19:02
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事