ここから本文です

セアカゴケグモ 松山で繁殖可能性 新たに14匹確認

10/18(金) 9:29配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛県松山市は17日、同市西垣生町の集合住宅敷地内で特定外来生物セアカゴケグモの雄2匹、雌12匹の計14匹が見つかったと発表した。同じ場所で5月に雌1匹、7月に雌12匹などを確認しており、繁殖している可能性が高いとして注意を呼び掛けている。
 市環境モデル都市推進課によると、17日にモニタリング調査した市と県生物多様性センターの職員らが発見し、殺虫剤を散布した。健康被害の情報は寄せられていない。市内での発見は2014年7月以降、12例目。今後も定期調査する。
 全体に黒く背中に赤い模様がある雌に毒があり、同課は「素手では触らず、殺虫剤で駆除して連絡してほしい」としている。連絡先は同センター=電話089(931)8757。

愛媛新聞社

最終更新:10/18(金) 11:40
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事