ここから本文です

カミングス米下院議員が死去、68歳-トランプ大統領の疑惑追及を指揮

10/18(金) 1:01配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米下院監視・政府改革委員会のイライジャ・カミングス委員長(メリーランド州、民主)が17日死去した。68歳だった。民主党の大統領弾劾調査を率いる一人であるカミングス氏は、トランプ大統領に対する厳しい批判を展開してきた。事務所の声明によると、死因は長年抱えていた健康問題に関連する合併症。

下院監視・政府改革委は他の2委員会とともに、トランプ大統領のウクライナでの活動を焦点にした下院の弾劾調査を率いている。カミングス議員は、2016年大統領選へのロシア干渉について、議会に調査開始をいち早く呼び掛けていた。

「今の激動の時代を後に歴史書が記すなら、無法と独裁に立ち上がった下院議員の中に私がいたことを記してほしい」。9月24日、ペロシ下院議長が弾劾調査の開始を発表した後にカミングス議員は述べていた。

1951年にメリーランド州ボルティモアに生まれ、1996年より米下院議員を務めた。

原題:House Oversight Chairman Cummings, Nemesis of Trump, Dies at 68(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Billy House

最終更新:10/18(金) 1:01
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事