ここから本文です

首位鹿島が降格圏の松本と1-1ドロー…先制許すもFW上田綺世が同点PK弾

10/18(金) 20:56配信

ゲキサカ

[10.18 J1第29節 松本1-1鹿島 サンアル]

 J1第29節が18日に開催され、首位鹿島アントラーズは敵地で17位松本山雅FCと1-1で引き分けた。前半9分に松本のFW永井龍に先制点を許したが、後半13分にFW上田綺世がPKで同点ゴールを記録。鹿島は8戦負けなし(5勝3分)とし、2位FC東京とのポイント差を暫定で3に広げた。一方の松本は3戦無敗(1勝2分)。しかし、自動降格圏内から脱出することはできなかった。

 松本は前節からのスタメン変更はなし。対する鹿島はMF三竿健斗とMFレオ・シルバの両ボランチやチーム得点王のMFセルジーニョなど負傷者が続出していることもあり、2試合ぶりに先発復帰したDF内田篤人ら7選手を入れ替えて臨んだ。

 スコアが動いたのは前半9分。松本の右CKのこぼれ球に反応したMF高橋諒がPA手前中央から右足で低いシュートを放つと、永井が右足のヒールでコースを変え、ゴール右に押し込む。鹿島の選手たちはオフサイドをアピールしたが、永井の今季3得点目が認められ、松本が先制した。

 しかし前半36分、松本にアクシデントが発生する。接触プレーで右足を痛めたFWセルジーニョが担架で運び出され、代わってMFパウリーニョが緊急投入された。

 鹿島はポゼッションで上回りながらも、相手の守備を崩せない展開が続く。前半44分にはFW土居聖真がボックス付近から右足で鋭いシュートを放つも、GK守田達弥の好セーブで同点とはならなかった。

 それでも後半11分に右CKの競り合いで上田がDF橋内優也のファウルを受け、PKを獲得する。同13分、自らPKキッカーを務めた上田がGK守田の逆を突き、右足でゴール右に沈めて同点弾を奪取。21歳ルーキーは4試合ぶりとなる今季4得点目をマークした。

 終盤は逆転を狙う鹿島が一方的に押し込む展開。だが、最後まで2点目を奪うことはできず、1-1でタイムアップを迎えた。

最終更新:10/18(金) 20:57
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事