ここから本文です

「性格的にも追い込まれるほど力を発揮する」。FW松谷昂輝が市立船橋の起爆剤に

10/18(金) 21:54配信

ゲキサカ

 第98回全国高校サッカー選手権の各地区予選がスタートしている。湘南内定DF畑大雅(3年)と清水内定MF鈴木唯人(3年)擁する市立船橋高は、畑がU-17ワールドカップに出場する関係で11月27日の千葉県予選準決勝が初戦。プレミアリーグEASTで連勝を飾るなど状態上向きな名門が、難しい日程を乗り越えて3年ぶりの全国大会出場を果たす。

 FW松谷昂輝(3年)は怪我が癒えた夏前にBチームからAチームに再昇格。最前線での献身的な動きや力強いポストプレーなどでチームの起爆剤となっているFWは、プレミアリーグEASTの尚志高戦で初ゴールも決めた。その松谷が選手権予選への意気込みなどを語った。

―ここへ来て台頭してきた。
「個人的には常にできなくはないと思っていますし、出ているためには責任を持って戦わなければならないので、そういう面ではチーム状況的にも結果がついて来なかったりしているので、一皮むけて、これから残りの試合で確実に勝っていくために日々の練習に取り組んでいきたいと思っています」

―どのようなところでチームにプラスアルファを加えたい?
「レイソル戦でも(鷹啄)トラビスが点獲る場面とかあって、DFの選手が点を獲るというのは攻撃の選手からしたら、悔しいですし、自分の仕事をしなければいけないので、攻撃でチームを救っていきたいなと思っています」

―自分の強みは?
「競り合いだったり、収めだったり、ちょっとしたことかもしれないですけれども、際の部分で負けないとか最後あがくとか、上手い選手ではないけれど一つ一つ勝てるところはしっかりと勝つというのが自分の強みですね」

―出られない期間に取り組んできた部分は?
「トップチームに上がるためにスタッフから色々な話を受けて、何を変えれば上に上がれるのかと考えた時に、やっぱり言われたことをやっただけではなかなか出れないので、その言われたことプラスアルファで自分の良いところを出したり、守備で運動量を持って走ったり、FWとしての役割というところで点を獲ることを意識したら結果もついて来て試合に出させてもらうことも多くなりました」

―チームの状況を変える。
「前期はなかなか結果も良くなくて、3年という立場で残り少ないので後期は勝ちに行くということを自分でも思っていました。残りの日数が少なくなるほど、自分は性格的にも追い込まれるほど力を発揮するので、そういう面で力を発揮できてきたのかなと思います」

―選手権予選への意気込みを教えて下さい。
「選手権に出るためにこの高校に入って、このメンバーと3年間やってきたので、残りの期間は本当に選手権を目標に一日一日を大切に頑張っていきたいないと思います

最終更新:10/18(金) 21:54
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事