ここから本文です

GMストライキ継続へ、UAWとの新労働協約が批准されるまで

10/18(金) 10:04配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米ゼネラル・モーターズ(GM)で働く全米自動車労組(UAW)組合員は、会社側と暫定合意した新たな労働協約が組合員に批准されるまでストライキを継続する。ストは少なくともあと1週間続くことになる。

UAWの広報担当、ブライアン・ローゼンバーグ氏は17日にデトロイトで開かれた記者会見で、組合員投票は19日に開始され、25日に締め切られると説明した。9月16日に始まったストで、GMの逸失利益はこれまでに推定20億ドル(約2200億円)に達している。

GMの株価は通常取引後の時間外取引で一時0.5%安の36.02ドル。スト開始後では約7%下落している。

UAWは16日に成立した暫定合意の骨子を翌17日に公表。オハイオ州ローズタウン組立工場が救済されないことは明白だが、協約が批准された場合は勤続年数の長い労働者に1万1000ドルのボーナスを支給する。また最大2060人の社員を対象に早期退職割増金として6万ドルを提供するほか、一括金支払いや、年次昇給で2023年までに時給を32.32ドルに引き上げることも盛り込んだ。

原題:GM Workers Staying on Strike as Members Vote on New Contract (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

David Welch

最終更新:10/18(金) 10:04
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事