ここから本文です

人間の胎児には生まれる前に消えてしまう筋肉があるらしい

10/19(土) 19:00配信

ギズモード・ジャパン

リアルな『ドグラ・マグラ』の世界へようこそ。

人間の胎児の手や足にはトカゲ類と同じ筋肉が発達するものの、生まれる前には消えてしまうことを新しい研究が突き止めたんですって。それって、夢野久作の傑作『ドグラ・マグラ』に出てくる「胎児の夢」みたいじゃないですか…!

【全画像をみる】人間の胎児には生まれる前に消えてしまう筋肉があるらしい

選ばれざる道

生物が進む進化のあゆみは決してまっすぐなものではなく、行き止まりや迷い道がつきものです。それらの選ばれざる道は、退化した体の一部として今も残っている場合があります。人間でいうと虫垂(盲腸)、親知らず歯や尾骨などでしょうか。

また、生まれる前に消えてしまう場合も。学術誌『Development』に掲載された新しい研究によると、胎児の成長を3次元画像化して観察したところ、手足に奇妙な筋肉が発達していたそうです。

上の画像の「Dorsometacarpales」と呼ばれる筋肉は、ふつうは両生類にだけ見られるものなのに、なぜか人間の胎児の足に…。

7週目を迎えた胎児の手と足には、「Dorsometacarpales」含む30種類もの先祖返りした筋肉が発達していたのにもかかわらず、13週目までにはそれらの三分の一がすでに消えたか、またはほかの筋肉に取りこまれて影も形もなかったそうです。進化の過程で25億年前に失われたはずの筋肉が、今も隔世遺伝的に出現し、そして生まれる前には消え去っていると考えられるんだそうです。

進化の貴重な道しるべ

「胎児の出生前発達の研究において、これまで誰も着目していなかった筋肉を観察できて、とても興味深かった」と研究を発表した米ハワード大学の 進化生物学者 、Rui Diogoさん。「11週目を過ぎてからも確認できた筋肉もあり、これは隔世遺伝の例としては極めて遅い段階」なのだそうです。

このような先祖返りの例は、種が長い時間をかけてどのように進化してきたかを物語る貴重な道しるべ。人間にしっぽが必要なくなった今も、私たちの遺伝子にはまだしっぽの青写真が残っています。稀に突然変異や発達に異常が生じた場合、人間が再びしっぽを生やすことも可能性としてはアリなのです。

1/2ページ

最終更新:10/19(土) 19:00
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事