ここから本文です

豪華ゲストが集結!OKAMOTO'S、オカモトショウの誕生日をオールナイトイベントでファンとお祝い

10/19(土) 14:19配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■OKAMOTO’S、『オカモトショウ生誕祭』ではオカモトコウキのソロステージやオカモトレイジのDJパフォーマンス、ハマ・オカモトによる公開収録も
OKAMOTO’Sが10月18日、東京・新木場STUDIO COASTにてオールナイトイベント『オカモトショウ生誕祭』を開催。ファンと一緒に19日に誕生日を迎えたボーカルのオカモトショウを祝った。

【画像】オールナイトイベント『オカモトショウ生誕祭』の様子

会場に設けられたフロントステージメインステージ、アイランドステージの3ヵ所のステージでは様々なコンテンツを展開。先日ソロアルバムのリリースが発表されたばかりのオカモトコウキのソロステージや、オカモトレイジのDJパフォーマンス、さらにはハマ・オカモトによる公開収録などが行われ、朝まで時間を余すことなく楽しめる盛りだくさんの内容でファンを喜ばせた。

23時からスタートしたイベントは、OKAMOTO’Sのライブで幕開け。「Beek」のイントロがスタートすると、会場いっぱいに集まった観客から大歓声があがりボルテージは最高潮に。割れんばかりの歓声があがり続ける中、バンドは「BROTHER」「Dreaming Man」など代表曲が次々に演奏。最新曲「新世界」もライブ初披露した。

そして、時刻はあっという間に23時59分。メンバーの呼びかけで誕生日までのカウントダウンがスタート。「3、2、1! 誕生日おめでとう~~~~~~~!!!!」とメンバーと観客が一斉にショウへお祝いコールを送ると、ショウは感無量の様子で「ありがとう!」と感謝の言葉を伝え、OKAMOTO’Sの「HAPPY BIRTHDAY」を歌い上げた。

その後、ステージには豪華ゲストたちが入り乱れるように登場。KENTO YAMADA AUDIO VISUAL CRASHによるスペシャル映像に始まり、踊Foot Works、Tempalay、SANABAGUN.らがとっておきのパフォーマンスを披露。途中、オカモトショウやオカモトレイジがフィーチャリングとして参加するシーンや、渡辺大知(黒猫チェルシー)がゲスト参加するひと幕も。また、サプライズゲストとしてKANDYTOWNの呂布とMUDも登場し、イベントを盛り上げた。

さらに、2020年5月にハマ・オカモトがコンサートジョッキーを担当するホールツアー『90’S TOKYO BOYS in HALL “History”』を開催することも発表。

デビュー10周年を迎え、ボーカルとしてつねにOKAMOTO’Sをけん引し続けてきたオカモトショウへの愛と友情に溢れた記念すべき祝祭となった。

リリース情報
2019.09.04 ON SALE
OKAMOTO’S
DIGITAL SINGLE「新世界」

2019.09.18 ON SALE
2027Sound
ALBUM『「HELLO WORLD」オリジナル・サウンドトラック』

2019.10.23 ON SALE
オカモトコウキ(OKAMOTO’S)
ALBUM『GIRL』

ライブ情報
90’S TOKYO BOYS in HALL “History”
2020年
05/15(金)東京・中野サンプラザ
05/17(日)兵庫・神戸国際会館こくさいホール
05/21(木)愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

OKAMOTO’S OFFICIAL WEBSITE
http://www.okamotos.net/

最終更新:10/19(土) 14:19
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事