ここから本文です

駆け引きの結末は…、6人の俳優と“支配”構造描く「男たちの中で」開幕

10/19(土) 9:47配信

ステージナタリー

「男たちの中で~In the Company of Men~」が、昨日10月18日に東京の座・高円寺1で開幕した。

【写真】秋の劇場16 座・高円寺 新レパートリー「男たちの中で~In the Company of Men~」より。(撮影:梁丞佑)(メディアギャラリー他5件)

これはエドワード・ボンドの戯曲をもとに、佐藤信が演出と上演台本を手がける、同劇場の新レパートリー。劇中では、軍需企業の買収をめぐり、男たちそれぞれの思惑が絡み合うさまが描かれる。キャストにはウィリー役の植本純米、バートレイ役の下総源太朗、ハモンド役の千葉哲也、レナード役の松田慎也、ドッズ役の真那胡敬二、オールドフィールド役の龍昇の6人が名を連ねた。

開幕に際し佐藤は、「社会の支配構造の根幹が、国ではなくて企業に取って変わられた現在、何が売られているかは問題ではなく、社会の欲望がどこを向いているかもわからない。ITもスマホも出てこない時代に書かれた作品だが、今も本質的には何も変わっていないという点で、とても惹かれる作品です」と本作を紹介しつつ、「演劇に真正直に取り組む6人の信頼する俳優たちとともに、お届けします」コメントしている。上演時間は休憩ありの3時間10分で、公演は10月27日まで。

■ 佐藤信コメント
書かれてから30年以上経っていながらすごく先見的な作品。新興のスーパーマーケットチェーンが、老舗の銃器企業を乗っ取り、食料品と武器を売る巨大産業を築こうとする。社会の支配構造の根幹が、国ではなくて企業に取って変わられた現在、何が売られているかは問題ではなく、社会の欲望がどこを向いているかもわからない。ITもスマホも出てこない時代に書かれた作品だが、今も本質的には何も変わっていないという点で、とても惹かれる作品です。演劇に真正直に取り組む6人の信頼する俳優たちとともに、お届けします。

■ 秋の劇場16 座・高円寺 新レパートリー「男たちの中で~In the Company of Men~」
2019年10月18日(金)~27日(日)
東京都 座・高円寺1

作:エドワード・ボンド
翻訳:堀切克洋
演出・上演台本:佐藤信
ドラマトゥルク:ダヴィッド・テュアイヨン
上演台本協力:石井惠
出演(五十音順):植本純米、下総源太朗、千葉哲也、松田慎也、真那胡敬二、龍昇

最終更新:10/19(土) 9:47
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事