ここから本文です

ハード、ソフト、AIの三位一体で攻める「Pixel 4」 “我が道を行く”ゆえの課題も

10/19(土) 6:05配信

ITmedia Mobile

ハードウェアメーカーが原点ではないゆえの課題も

 GAFAの1社であるGoogleが開発したスマートフォンであるだけに、Pixel 4、4 XLはどうしても、もう1社のAppleが開発したiPhoneと対比されがちだ。ただ、ここまで見てきたように、その開発思想や狙いは、ハードウェアメーカーが原点であるAppleとは大きく異なる。むしろアプローチは真逆で、ソフトウェアやAIから逆算して設計されたハードウェアにも見える。当然ながら、ビジネスの規模感も文字通り桁が違うため、直接的な比較はあまり適切ではないだろう。ただ、カメラに注力しているところや、端末の2サイズ展開、価格設定などに関しては、Appleを強く意識していることもうかがえる。

 それゆえに、発売時点で非対応の機能が多いのは、残念なところだ。後からアップデートし、完成度を高めていくという発想は、ソフトウェアを主軸にしたGoogleらしい発想だが、あまりにそれが多いと、「対応してから買えばいい」となってしまいかねず、スタートダッシュに悪影響を与えそうだ。電波法の規制が絡むモーションセンスは仕方がないとしても、ハードウェアとソフトウェア、AIの三位一体で力を発揮する端末であるだけに、せめてボイスレコーダーの文字起こしは、英語以外の言語でも発売時に対応していてほしかった。

 ハードウェアメーカーとは真逆ゆえにPixel 4、4 XLには斬新さもある一方で、同時にそこが課題として浮かび上がってくる。ハードウェアは、確かに上質な仕上がりの一方で、分かりやすい高級感がない。Appleであればステンレススチールをフレームに採用して光沢感を出したり、すりガラスを使って金属のような表情を出したりと、一目で分かる“価格相応感”がある。対するPixel 4、4 XLは、シンプルゆえにじっくり見ないと質感が伝わりづらいと感じた。他のAndroidスマートフォンと比較しても、これは同じだ。

 ハードウェア起点の発想をしていないためか、機能面で、スマートフォンのトレンドを追っていないところもある。iPhoneに搭載され、一気に火が付いた超広角カメラはその1つだが、指紋センサーがないのも、高価格帯のAndroidでは珍しい。よく言えば我が道を行くGoogleらしさではあるものの、近い価格帯のハイエンドモデル同士で比較したとき、どうしても見た目や機能以上の値段に見えてしまう。

 販路の開拓も課題といえる。冒頭で述べたように、Pixel 4、4 XLは、Googleストアとソフトバンクのみの扱いになり、ドコモは発売を見送ってしまった。Pixel 3、3 XL、3aの販売実績がいまひとつだったことを考えると、5Gの開始を控えた今、積極的に導入するのは難しかったのだろう。現時点でリアル店舗での販売はソフトバンクのみで、MVNOの取り扱いもない。

 海外に目を移すと、例えば米国では主要キャリア全てに販路を拡大するなど、徐々に成長はしているものの、その他の国でどう拡大していくかの戦略があまり見えてこない。端的に言えば、メーカーとしての営業力が弱い印象を受ける。一方で、カメラを筆頭に、ソフトウェアやAIに強みを持つGoogleだからこそ実現できた機能は魅力的で、インパクトもある。こうした特徴を、ユーザーに対して丁寧に伝えていけるかが、成否を分ける鍵になりそうだ。

ITmedia Mobile

3/3ページ

最終更新:10/19(土) 6:05
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事