ここから本文です

<ONE PIECE>アニメ放送前はドタバタ 実質3カ月の突貫工事で制作、放送へ

10/19(土) 21:07配信

まんたんウェブ

 アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」のイベント「宴島2019~真夏のモンキー・D・ルフィ島」が開催中の神奈川県横須賀市の無人島・猿島で10月19日、トークショー「『ワンピース』アニメ放送20周年前夜祭 “宴島”ワンナイトパーティー」が開催された。1999年にスタートしたテレビアニメが20周年を迎えることを記念したイベントで、放送開始当時のスタッフがアニメ放送前のドタバタを明かした。

【写真】「ONE PIECE」尾田栄一郎が衝撃発言 “最後”語る

 アニメの初代プロデューサーの東映アニメーションの清水慎治さんは「20年前の10月20日が第1回の放送でした。6月中旬に『やれ!』と言われ、そこから突貫工事でやらないといけなかった。(一般的に)大体、アニメが始まるまで1年くらいあるんですけどね」とコメント。

 アニメの初代シリーズディレクターの宇田鋼之介さんは「(準備、制作期間は)実質3カ月でした。シナリオも何もなくて、原作しかなくて、できるのか!?となった。オープニングのコンテを一晩で上げた」と明かし、原作の初代編集担当の集英社の浅田貴典さんは「今から考えると、急にもほどがありますね」とうなずいた。

 モンキー・D・ルフィ役の田中真弓さんは「そんなに突貫工事だったんですね! 初めて聞くことばかり」と驚いていた。イベントには、ナミ役の岡村明美さん、ウソップ役の山口勝平さん、初期エンディングテーマ「memories」「RUN!RUN!RUN!」などを担当した大槻マキさんも登場した。

 「宴島2019~真夏のモンキー・D・ルフィ島」では、アニメの20周年を記念して7月8日~10月20日の期間、麦わらの一味が猿島をジャック。島内に全12体の等身大フィギュアやゴーイングルフィセンパイ号の巨大模型などを展示するほか、コラボメニューを提供する。

 「ONE PIECE」は、尾田栄一郎さんの人気マンガが原作。手足などがゴムのように伸びる麦わら帽子の青年・ルフィが、海賊王を目指して仲間と共に大海原を冒険する姿を描いている。原作は1997年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まり、1999年からテレビアニメが放送されている。

最終更新:10/19(土) 21:07
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事