ここから本文です

<アナと雪の女王2>“レリゴー”に続く新たなメイン曲 監督がエルサの感情について語る

10/20(日) 9:40配信

まんたんウェブ

 2014年に公開され大ヒットを記録したディズニーの劇場版アニメ「アナと雪の女王」(アナ雪)の最新作「アナと雪の女王2」(11月22日公開)。前作のメイン曲「レット・イット・ゴー~ありのままで~」は“レリゴー”の愛称で大ヒットし、日本中に“アナ雪ブーム”を巻き起こしたが、本作のメイン楽曲「イントゥ・ジ・アンノウン」が収録された日本版予告が、先日公開され、早くも話題となっている。共同監督の1人で、前作に引き続き、本作のメガホンをとったジェニファー・リー監督が、新たなメイン曲に秘められた、エルサの感情について語った。

【写真特集】アナ、エルサの壮大な冒険が始まる… 早くも話題の「アナ雪2」、場面写真で先取り

 前作で、“ありのまま”の自分を受け入れたエルサ。本作では、彼女だけにしか聞こえない不思議な歌声をきっかけに、再び自身の力と向き合い、未知なる世界に踏み出す。公開された日本版本予告では、エルサの力の秘密を知るには、歌声の真相を知る必要があると語られ、エルサとアナの新たな旅のスタートを飾る楽曲として、「イントゥ・ジ・アンノウン」が使用されている。

 リー監督は、本作について「エルサは“ありのままの姿”を受け入れてもらったことにとても感謝しているの。彼女はいい女王になりたい、エルサに全てをささげたアナに幸せになってもらいたいと願っている。でも、何かが彼女の力に呼び掛けているの。エルサは彼女だけにしか聞こえないその声に苦悩することになるわ」とコメント。

 「一方で、アナの周りにはエルサをはじめ、大切な人ばかり。彼女にとっての最大の恐れはその人たちを失うことなの。エルサとアナは、それぞれの葛藤を抱くことになるのよ」と語っている。

 不思議な歌声は、アナやオラフ、クリストフたちと幸せに暮らしたいと願うエルサにとって、恐怖や不安を抱かせる存在だ。しかし、エルサは「イントゥ・ジ・アンノウン」で新たな世界への希望も歌っており、「いまのままでいたい。二度と危険なことは冒したくない」「自身の知られざる力の秘密を知りたい」と相反する心境を込めている。

 リー監督は「1作目と本作で『アナ雪』が完成する」とも語っている。幸せな結末を迎えた前作から一転、姉妹の愛の強さが突き動かす壮大な物語が、本作で描かれる。

最終更新:10/21(月) 12:07
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事