ここから本文です

豪栄道「量より質」ぶつかり稽古でじっくり汗

10/19(土) 16:45配信

デイリースポーツ

 大相撲秋巡業が19日、大阪府門真市で行われ、大阪出身、大関豪栄道(33)=境川=がなにわファンの大声援を浴びた。十両隆の勝(千賀ノ浦)、魁勝(浅香山)のぶつかり稽古に積極的に胸を出し、15分、土俵でじっくり汗を流した。

【写真】大阪府・吉村洋文知事が、大関豪栄道と組み合い…動かない

 「普段、受ける相撲は少ないから、いい刺激になる」と満足げ。ベテランの域に達し、稽古は「量より質」に変わってきた。ただ「30歳くらいまでは30、40番は当たり前だった」と若い頃の猛稽古の貯金でまだまだ若手の壁になるつもり。地元ファンに応えるためにも、16年秋場所以来、2度目の優勝を目指す。

最終更新:10/19(土) 17:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事