ここから本文です

日本S第1戦 巨人は5番阿部、ソフトバンクは7番松田宣、8番内川【スタメン】

10/19(土) 17:51配信

デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第1戦、ソフトバンク-巨人」(19日、ヤフオクドーム)

 6年ぶり35度目の日本シリーズ出場を果たした巨人。先発は今季最多勝、最多奪三振、最高勝率の3冠に輝いた山口だ。DeNA時代の14年からソフトバンク戦は4戦全勝。防御率0・95と好相性を誇り、原監督が自信を持って送り出した。

【写真】「ON対決」以来19年ぶり…握手を交わす原監督と工藤監督

 打順は亀井、坂本勇、丸、岡本の並びは固定。今季限りでの引退が決まっている阿部を5番・DHで起用した。バッテリーは山口-小林。

 3年連続19度目の日本シリーズ出場となったソフトバンクの先発は、エース・千賀だ。中軸は柳田、デスパイネ、中村晃。7番に松田宣、8番に内川のベテランが並んだ。

 両チームの対戦は00年以来、19年ぶり11度目で最多の対戦カード。巨人が9勝(日本一)1敗と大きく勝ち越し、61年以降5連勝中。昨年まで初戦に勝ったチームの優勝確率は64%で、敵地球場での白星なら72%となる。 両軍のスタメンは以下の通り。

 【巨人】

 1番・右翼 亀井

 2番・遊撃 坂本勇

 3番・中堅 丸

 4番・三塁 岡本

 5番・DH 阿部

 6番・一塁 大城

 7番・左翼 ゲレーロ

 8番・二塁 田中俊

 9番・捕手 小林

    投手 山口

 【ソフトバンク】

 1番・二塁 牧原

 2番・遊撃 今宮

 3番・中堅 柳田

 4番・DH デスパイネ

 5番・右翼 中村晃

 6番・左翼 グラシアル

 7番・三塁 松田宣

 8番・一塁 内川

 9番・捕手 甲斐

    投手 千賀

最終更新:10/19(土) 18:11
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事