ここから本文です

安住紳一郎アナ 五輪が7、8月に開催される理由…2000年ごろに決まり…

10/19(土) 23:18配信

デイリースポーツ

 安住紳一郎アナウンサーが19日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜、後10・00)に出演し、オリンピックが7月から8月に行われる事情を解説した。

【写真】ドーハ世界陸上での男子50キロ競歩は暑さで棄権者続出

 安住アナは「7月から8月にオリンピックをやると決まったのは実は2000年くらいから」と述べた。「IOCがなぜ7月から8月にこだわるかというとアメリカの事情があるようなんですね。お金を出しているのが実質のところ、アメリカの放送局」とパネルを掲示した。

 パネルでは、IOCの放映権料の8割である約4583億円を米国の放送局が拠出。6月はNHL(ナショナルホッケーリーグ)の優勝決定戦があり、9月はNFL(アメリカンフットボール)が開幕し、10月はMLB(メジャーリーグ)のプレーオフとNBA(バスケットボール)が開幕する。そのため、「7、8月がアメリカのスポーツファンにとってお留守になる」と安住アナは述べ、この時期に五輪が開催される理由を述べた。

最終更新:10/19(土) 23:33
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事